アドセンスペナルティで「広告の表示が一時的に制限されています」の原因と対処方法

ブログに関する事
Pocket

どうも、この記事を書いているころすけです。

突然ですが、「広告の表示が一時的に制限されています」と表示され、グーグルアドセンス広告がペナルティを受けて表示されない状況になったことはありませんか?
ころすけはあります。
この時は焦りました。

グーグルアドセンスをする上で思わぬ落とし穴があったんです。
そこで、この記事では”アドセンスペナルティで「広告の表示が一時的に制限されています」の原因と対処方法”と題して、グーグルアドセンスから 「広告の表示が一時的に制限されています」 とペナルティを受ける原因と対処方法を皆さんにシェアします!

アドセンスペナルティで「広告の表示が一時的に制限されています」の原因は?

Google Adsenseでペナルティを受ける原因は、自分で自分のサイトの広告をクリックしたこともしくは無効なトラフィックが検出されたことです。

自分で自分のサイトの広告をクリックしてしまうと、Google先生からすぐにペナルティを食らって、広告が表示されなくなってしまうという話は有名です。

というのも、Google先生は頭が良いので、毎日監視をしています。
サイトにて無効なトラフィックが検出されると、Google先生はすぐにペナルティを課して、広告の表示ができないようにします。

当サイトもペナルティを課せられた過去があり、広告の表示が一時的に制限されている状況になったことがあります。
しかし、ころすけは、自分の広告をクリックしてしまうとペナルティになること知っていたので、自分でサイトの広告をクリックしないように細心の注意を払っていました。

自分で広告をクリックしたわけでもないのに広告の制限が課せられたという事は、当ブログにおいて無効なトラフィックが検出されたということになります。

無効なトラフィックとは?

無効なトラフィックとは

広告主の費用やサイト運営者の収益を作為的に増やす可能性のあるクリックインプレッションのこと


具体的な例はこのようなものがあります。

無効なトラフィックの例
  • サイト運営者が自分で広告をクリックして、クリック数やインプレッション数を増やした。
  • 1人以上のユーザーが繰り返しクリックし、クリック数やインプレッション数を増やした。
  • サイト運営者が、広告をクリックするようにユーザーを誘導した。

Google Adsenseは広告をクリックしてもらえることで収益が発生する仕組みですが、自分でクリックしたり、また友人や家族・第三者に広告をクリックしてもらうようにお願いすることも違反になります。
ブログ運営者は気を付けなければなりません!!

ころすけはこのことは知っていたので、上記のように自分では広告をクリックはしていません。
では、なぜペナルティを課せられてしまったのでしょうか?

インプレッション数の急増もペナルティの対象だった!!

ころすけはインプレッション数という言葉を知りませんでした。

これが思わぬ落とし穴でした。

インプレッション数とは、広告が表示された回数です。
インプレッション数が多いということは、すなわち広告が表示された回数が多いということです。

インプレッション数が多ければ多いほど、それだけ広告がインターネットユーザーの目に入る機会が多いということになります。
つまり、広告をクリックしてもらえる可能性も多くなるという事です。

そうです。
お察しの通り、このインプレッション数が急増しても、Google Adsenseのペナルティ違反になってしまうのです。
インプレッション数を急増させることは、故意に広告を表示させて広告をクリックしてもらえるように誘導したと捉えられてしまうんですね。

盲点でした・・・

ペナルティを課せられた日、ころすけはブログのデザインを変更しようとCocoonのデザインを何度も変更しては、ブログの見え方をチェックしていました。
これがいけなかったんですね。
広告を表示させていたつもりはなかったのですが、ブログの見え方をチェックするたびにブログ画面を開いていたので、これが結果的にインプレッション数を増やしてしまったようです。

なんてこったい( ;∀;)!! ブログのデザインを変えたかっただけなのに~!!

無知とは怖いものです・・・

アドセンスペナルティで「広告の表示が一時的に制限されています」の対処方法は?

Google Adsenseのポリシーに以下のように書いてあります。

通常、この広告配信の制限がサイト運営者に与える影響は 30 日間続くことはありませんが、それ以上続く場合もあります。
(中略)
残念ながら、所要期間をお伝えすることはできません。
(中略)
サイトのトラフィックが評価されている間、コンテンツとオーディエンスの構築を続けましょう。

そうです。ブログを書き続けるしかありません


Google先生からのペナルティは”初心に戻れ”という警告だと思って、ペナルティを受けたら誰かの役に立てそうな記事をコツコツ書いていくしかありません。

まとめ

この記事では”アドセンスペナルティで「広告の表示が一時的に制限されています」の原因と対処方法”と題して、Google先生より「広告の表示が一時的に制限されています」とペナルティを課せられた原因と対処方法について書きました。

Google Adsenseでペナルティを受ける原因は、自分で自分のサイトの広告をクリックしたこともしくは無効なトラフィックが検出されたことです。

Googleアドセンスでペナルティを受けた時の対処方法はひたすらブログを書き続けることです。

ころすけがペナルティから学んだ事は、

Google Adsenseを行う上でやってはいけないこと
  • 自分でクリックしたり、また友人や家族・第三者に広告をクリックしてもらうようにお願いして広告のクリック数を増やしてはいけない。
  • 故意に広告を表示させてインプレッション数(広告の表示回数)を増やしてはいけない。

になります。

ブログの投稿をしたら、サイトでの見え方をチェックすると思いますが、あまりにも何度もサイトを開いては閉じてを繰り返していたら、インプレッション数を故意に増やしたと思われてしまう可能性があるので、注意が必要です。

そして、すでに広告の表示が制限されてしまった場合は、ジタバタしても仕方がありません。
こつこつブログを更新し続けて、広告の表示制限が解除されるのを待ちましょう!!

ころすけ
ころすけ

最後まで読んでいただき有難うございました。
少しでも参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました