チェンソーマンED変わる理由はなぜ?毎回違う意味や海外の反応も紹介!

チェンソーマンED変わる理由はなぜ?毎回違う意味や海外の反応も紹介!チェンソーマン

みなさん、最近話題沸騰の「チェンソーマン」を知っていますか?


アニメの方もすごい人気で、凄く話題になっている作品です。


そんなアニメ版「チェンソーマン」のOP(オープニング)はずっと米津玄師さんなんですが、ED(エンディング)が毎回替わることで話題です。


そこで、この記事では「チェンソーマンed変わる理由はなぜ?毎回違う意味や海外の反応も紹介!」と題して、

  • チェンソーマンのED(エンディング)が変わる理由はなぜなのか?
  • チェンソーマンのED(エンディング)が毎回違う意味や海外の反応も紹介!

を考察していきたいと思います。

チェンソーマンED変わる理由はなぜ?

チェンソーマンed変わる理由はなぜ?毎回違う意味や海外の反応も紹介0

「チェンソーマン」のアニメでは毎回ED(エンディング)が変わります。


その理由は、なぜなのでしょうか?


調べて見ると、アニメ版の監督の中山 竜なかやま りゅうさんのアイディアでEDが毎回変わっていることが分かりました。


中山竜監督は「原作の漫画にかなり忠実に作ることを意識してアニメ制作をしている」と言っています。


その中で、中山竜監督は「毎回EDを本編の一部みたいにして見せることができたら、面白くて楽しい作品になりそう」という考えを思いついたそうです。


制作当初は目まぐるしく変わるストーリーなど前代未聞の作品で、中山竜監督は最初はアニメ化することはほぼ無理と思ったとのこと。


しかし、とんとん拍子にアニメ化を実現できることになり、このEDを毎回変えるというアイディアを採用することになったんです!

アニメの監督はどんな人?

アニメ版「チェンソーマン」の監督の名前は中山竜さんで、アニメ版「チェンソーマン」が初監督作品となっています。


中山竜さんはこれまでにもアニメーターや演出家としていろいろな作品で活躍されている人です。


「劇場版マクロス△ 激情のワルキューレ」ではメインで作画をされていました。


また、「呪術廻戦」にも参加していて、第19話で絵コンテと演出をされています。


「呪術廻戦」の第19話はアクション回です。


「チェンソーマン」でもアクションシーンが多いので、中山竜監督はその手腕を買われ、アニメ版「チェンソーマン」の監督に抜擢されました。


アニメ版「チェンソーマン」では中山竜監督の他にもアクションディレクターの吉原達矢さんなどアクションに強いスタッフが集ってることが特徴的です。

チェンソーマンのEDは毎週どう変わってる?

アニメ版「チェンソーマン」のEDは曲はもちろん、映像も毎回違います。


その理由はEDも本編の一部として見せたいという中山竜監督の思いからです。


EDの曲は「チェンソーマン」の本編の内容の一部のように雰囲気に合わせているので、毎回変わります。


歌っているアーティストも毎回違います。


そして、EDの映像も本編のストーリーの展開に合わせているので、毎回変わります。

Twitterの反応を紹介!

チェンソーマンのED(エンディング)が毎回変わることに対するTwitterの反応をご紹介します。

みなさん、大絶賛ですね!


中山竜監督のEDを毎週変えるという奇抜なアイディアが視聴者の心も掴んでいることがわかります。

毎回違う意味や海外の反応も紹介!

チェンソーマンED変わる理由はなぜ?毎回違う意味や海外の反応も紹介!00

アニメ版「チェンソーマン」のED(エンディング)が毎回違う意味は何でしょうか?


端的に言うと、EDが毎回違うことで視聴者のワクワク感を生み出すことに成功しているのではないかと思います。


アニメ版の「チェンソーマン」のEDは毎回ストーリーの展開に合わせて変えられています。


なお、それぞれの担当アーティストさんには毎週EDが変わることを説明したうえで制作をお願いしているそうです。


また、担当アーティストさんには「この話数はこういう終わり方をしているからこんな楽曲が欲しい」というお願いをしたうえで書き下ろしてもらっているそうです。


EDまで含めた全てがアニメストーリーの一部になっているんですね。


このようにアニメ版「チェンソーマン」はアニメの本編の内容だけでなく、エンディングの曲や映像の細部までこだわって制作されている作品です。


つまり、アニメ版「チェンソーマン」のEDが毎回変わることで、本編からEDの最後まで思う存分「チェンソーマン」の世界を楽しむことができるわけですね!

海外の反応をご紹介!

「チェンソーマン」のアニメに対する海外の反応を調べて見ました。

  • このアニメいったいどんな予算でやってるんだ?
  • チェンソーマンなら絶対にいい作品になるのに決まってるのに、これ以上全力を出す必要があるのか?
  • どれくらいの時間がかかるか分からないけど、作者の藤本タツキの全作品を映画化したい。
  • 「チェンソーマン」がこんなに恵まれた環境でアニメ化されて嬉しい
  • これって、漫画が好きな人にとっては、付線になってるよね?
  • どのEDをお気に入りに選んだらいいかホントに困るよ。
  • どれもユニークな曲でホントに好きだよ!

などの意見がかなりありました。


漫画もアニメも海外で、すごく人気があることがわかります。


また、アニメ版「チェンソーマン」のEDが毎週変わることに対しても好意的な意見が多いです。


EDが毎週変わることは海外の人にとっても驚きで、どのED曲も好評であることが分かります。


元々「チェンソーマン」は海外で人気ですが、EDの曲や映像が毎週変わることも人気の要因の1つになっているのではないでしょうか?


>>チェンソーマンが海外で人気の理由

チェンソーマンEDのアーティストと曲順を一覧で紹介

最後にアニメ版「チェンソーマン」のEDに使われた曲名とアーティストを順にご紹介します!

話数曲名アーティスト
第1話「CHAINSAW BLOOD」Vaundy
第2話「残機」ずっと真夜中でいいのに。
第3話「刃渡り2億センチ」マキシマム ザ ホルモン
第4話「錠剤」TOOBOE
第5話「インザバックルーム」syudou
第6話「大脳的なランデブー」Kanaria
第7話「ちゅ、多様性。」ano
第8話「first death」TK from 凛として時雨
第9話「Deep down」Aimer
第10話「DOGLAND」PEOPLE 1
第11話「バイオレンス」女王蜂
第12話「ファイトソング」Eve
☜左にスライドすると全部見れます。



EDだけで豪華ですよね。


映像も毎回変わるので制作スタッフさんも大変だったと思いますが、アニメの最初から最後まで楽しむことができました。


このEDが毎週変わるというアイディアは最高だと思います!

チェンソーマンed変わる理由はなぜ?まとめ

チェンソーマンED変わる理由はなぜ?毎回違う意味や海外の反応も紹介!000

今回は「チェンソーマンed変わる理由はなぜ?毎回違う意味や海外の反応も紹介!」と題して、

  • チェンソーマンのed(エンディング)が変わる理由はなぜなのか?
  • チェンソーマンのed(エンディング)が毎回違う意味や海外の反応は?

についてお送りしてきましたが、いかがだったでしょうか?


「チェンソーマン」のアニメのEDが変わる理由はアニメ版監督の中山竜さんのアイディアでした。


ストーリーの一部として楽曲まで考えられているなんてすごいですね!


海外の人たちからも人気の理由がわかる気がします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました