Google chromeでホームページの自動翻訳ができない時の対処方法

旅行に役立つ情報
Pocket

どうも、この記事を書いているころすけです。

以前Google chromeを使って海外のホームページを簡単に日本語に翻訳表示させる方法についてご紹介しました。

しかし、たまにGoogle chrome翻訳ツールがうまく表示されず困る時があります。
対処方法を知らないと焦ってしまうと思うので、この記事ではその対処方法をまとめておきます!

この記事でわかる事

Google chromeでホームページの自動翻ができない時の対処方法(パソコンの時/スマホの時)

パソコンの時の対処方法

たとえば、CNN NEWSのホームページですが、英語という言語を認識できないようで、ホームページを開いても”翻訳しますか?”の表示が出ません。

↓こんな感じで、”翻訳しますか?”の表示が出ません。

そんな時は画面上のどこでもいいので、マウスを”右クリック”します。
すると、このような表示がでます。

その中に”日本語に翻訳”をという表示があるので、それをクリックします。

すると日本語に翻訳されます。
”翻訳マーク”も表示されるようになるので、日本語以外の言語にも翻訳できるようになります

パソコンの場合の対処方法

”翻訳しますか?”の表示が出ない時は”右クリック”をしてみてください

スポンサーリンク

スマホの時の対処方法

スマホでも、CNN NEWSのホームページは英語という言語を認識できないようで、ホームページを開いても”翻訳しますか?”の表示がでません。

そんな時は画面下の”・・・”のところをクリックします。

これだけでは分かりませんが、下にスライドすると”翻訳”という表示が出てきます。

”翻訳”をクリックすると日本語に翻訳されます
”翻訳マーク”も復活します。

”翻訳マーク”も復活するので、日本語以外の言語にも翻訳できるようになります

スマホの場合の対処方法

”翻訳しますか?”の表示が出ない時は”・・・”をクリックしてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、Google chrome翻訳ツールがうまく表示されない時の対処方法についてご紹介しました。
Google chromeからホームページを検索すれば、基本的に自動で日本語表記に翻訳してくれるので便利です。海外旅行の計画を立てる際にも役立つと思います。

Google chromeの自動翻訳機能についてまとめた記事はこちらに載せていますので、ご参照ください。

ころすけ
ころすけ

最後まで読んでいただき有難うございました。
この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました