消えた初恋8話ネタバレ・感想・視聴率。青木と井田が恋人繋ぎ!

消えた初恋8話ネタバレ・感想・視聴率。青木と井田が恋人繋ぎ!エンタメ/ジャニーズ

毎週土曜日の夜23時30分からテレビ朝日系列で放送中の秋ドラマ「消えた初恋」。
11月27日(土)からは第8話が放送されます。

ドラマ「消えた初恋」7話では、井田(目黒蓮)青木(道枝駿佑)の頭をポンポンと撫でる=通称“井田ポン“が2回も登場しました。

「消えた初恋」ドラマ8話の予告では青木と井田が手をつなぐシーンが出てきます。
ころすけは原作漫画を読んでいるので、消えた初恋8話では“めめみち“の関係はどう進展するのかなぁと妄想しながら楽しみに待っています♪
※めめみち=目黒蓮くんと道枝駿佑くんコンビの通称

ドラマ8話ではどんな展開が待っているのでしょうか?

そこで、この記事では「消えた初恋8話ネタバレ・感想・視聴率。青木と井田が恋人繋ぎ!」と題して、ドラマ「消えた初恋」8話のあらすじ・ネタバレと放送後の感想や視聴率をお伝えします。
また、青木と井田が手を繋ぐシーンについてもしっかりお伝えしたいと思います。


この記事が放送地域に入っていなくてドラマをリアタイできなかった方やドラマを見逃しちゃったという方の参考になれば嬉しいです。

消えた初恋8話ネタバレ・感想・視聴率

消えた初恋7話のあらすじを簡単におさらいしてから、消えた初恋8話のあらすじ・ネタバレをお伝えします。

消えた初恋ドラマ7話をおさらい

青木が浮かれながら学校に登校していると橋下さん(福本莉子)から“相多くんにフラれてしまいました“というメールが届きます。

橋下さんは林間学校であっくん(鈴木仁)に告白し、フラれてしまっていたのです。
青木は落ち込む橋下さんをなんとか励まそうとしますが、橋下さんはいきなり「リーゼントか坊主、どっちがいい?やっぱりリーゼントの方が目立っていいかな?」と言ってきます。

あっくんの目に自分がこれっぽっちも映っていなかったと知った橋下さんは、地味で影薄い自分を変えるべくリーゼントにしようと言うのです。

青木は、橋下さんがリーゼントになってしまうのを止めようとあっくんにどうにかするように言います。

しかし、結局あっくんと橋下さんは言い合いになってしまいます。

あっくんと橋下さんのために何もできない青木は落ち込んでしまいます。
そんな青木をみて、井田は、
「そんだけ一緒に悩んでくれるから橋下さんも青木に相談したんじゃないのか?
十分に力になれてると思うけど?」
「青木は悩むの得意だよな。なんかわかってきた。」

と言ってくれ、青木の頭をくしゃくしゃと撫で、ポンポンとしてくれます。

一方、青木から橋下さんがリーゼントになろうとしていると知っていたあっくんは、“流石にリーゼントはやめておけ“と橋下さんを追いかけます。
それでもあっくんを無視して橋下さんは予約していた美容室に向かおうとします。

そこから再び言い合いが始まる2人。
そこに青木も登場し、なんとか橋下さんがリーゼントにするのをやめようとします。

結局は橋下さんはリーゼントにはせず、毛先を揃えるだけになります。
青木は橋下さんがリーゼントにしなかったことにホッとし、先に帰ります。

こうして2人きりになったあっくんと橋下さんは2人で帰り始めます。

あっくんは橋下さんに、
「話しても目も合わないし、俺のこと苦手なんだろうなぁと思っていた。なんかノリが違うし?真面目と不真面目?」
「2年になってだんだん話してくれるようになって嬉しかったんだよ。」
「けど、橋下さんと付き合うのはイメージが正直持てない。ごめん。」

と伝えます。

それを聞いた橋下さんも納得します。

しかし、あっくんは
「俺、橋下さんのこと、友達として好きだよ。今日もっと好きになった。」
「あー、今までもったいないことしたなぁ、俺ら。」
と言ってくれます。


それを聞いた橋下さんは「相多くん、これからもっと知ってもらえるように頑張っていい?」とあっくんに伝えます。

それを聞いたあっくんは「おー!かかってこい!と伝えます。
橋下さんはようやく笑顔を見せてくれ、あっくんは“ようやく笑ってくれた“と思うのでした。

翌日になり、橋下さんは青木に「まずは青木くんを目指します!」と言ってきます。
橋下さんは「青木くんみたいにカッコ悪くてもダメダメでもいいから、ありのままの自分でぶつかってみようと思ったの!」と青木に伝えるのでした。
青木は若干“カッコ悪くてダメダメ“な部分にひっかかるものの、橋下さんが元気になってくれてよかったと思うのでした!

すっかり元気になった橋下さんを見て、青木もホッとします。
そんな様子の青木に井田は、
「これから困ったことがあったら何でも相談しろよ?」
「少なくとも俺は青木が困ってたら助けたい」

と言ってくれます。

そして、青木の頭をポンポンと撫でてくれます。
そんな井田を見て、青木も思わず笑顔がこぼれるのでした。

消えた初恋7話ではなんと井田の頭ポンポン(通称:井田ポン)が2回も登場しました!
青木の方が井田を好きと思っていましたが、今では井田もだいぶ青木を好きになってきているのが分かりますね!

恋には疎い井田ですが、井田が嫉妬している様子が見られたり井田ポンが2回も見れたりと消えた初恋7話も盛りだくさんの内容でした!

消えた初恋8話ではめめみちコンビの恋はどうなっていくのでしょうか?
早速あらすじとネタバレを見ていきましょう♪


消えた初恋8話のあらすじ・ネタバレ

青木、井田の一言で勉強に目覚める!

ようやく平穏が戻ってきたとおもった青木(道枝駿佑)ですが、面談で担任の谷口先生(田辺誠一)から今すぐ数学を勉強しないと進学がヤバいと言われてしまいます。
青木は数学が大の苦手で、数学の点数を伸ばさないと進学は相当厳しいというのです。
谷口先生は東ヶ岡高校に3週間教育実習生が来るのでその人に数学を見てもらってはどうかと提案してくれます。

落ち込む青木にあっくん(鈴木仁)は、文系への転向もあるとアドバイスされます。
しかし、井田もいないし、知り合いもいない文系へ転向することに青木は気が進みません。

あっくんは「自分の人生なんだから他人に左右されるなよ!」と言いますが、ウジウジと悩んでしまいます。

そこへ井田(目黒蓮)がやってきて青木に「青木、いなくなるのか。 寂しくなるな・・・」と言われます。
井田から寂しくなると言われた青木は“井田が寂しいっていうならがんばろうかな・・・“と思います。
あっくんも橋下さんも“他人に人生左右されてる“と思いますが、なんにしても青木のやる気に火がつきます。

こうして青木は教育実習生の岡野先生(白洲迅)から放課後に数学を教えてもらうようになります。

青木、岡野先生との恋バナで井田を意識?

こうして青木と岡野先生は放課後に数学の勉強を始めます。

「よろしくお願いします!頑張ります!」と意気込む青木に、
岡野先生は「初日は気楽に行こうか。苦手分野とか得意分野とかまずは焦らずにお互いに知ってこう」と言ってきます。

岡野先生は「俺も2年の時は数学が苦手で、でも彼女も理系だから必死に勉強を頑張ってたら得意になってさ。」と言います。
それを聞いた青木は「俺もまさにそれで!」と言います。

それを聞いた岡野先生はニヤッと笑い、恋バナを始めます。

岡野先生は
「どっちから告ったの?」
「どんな子?どういうとこ好きになったの?」
と青木に質問攻めをします。

青木は「マジメつーか、真剣に考えてくれるとことか・・・色々そういうところ」と答えます。
そんな照れまくる青木に岡野先生も面白くなり、「んで、どこまで進んでんの?よかったら相談のるよ?」と質問します。

青木は「一緒にお昼食べたりしてて」とあまりにもピュアな付き合いに、岡野先生はびっくりします。

そして青木に「付き合ったら手つなぎたいとか、キスとかしたいなぁと思わない?」と言ってきます。

それを聞いた青木は「まだそこまで考えてないっていうか。付き合ったばっかだし!」と言います。
しかし、岡野先生は照れまくる青木が面白くなり、「案外向こうは待ってるかもよ?」とさらに青木をからかいます。

その言葉を聞いた青木は、“井田も男だし想像しにくいしな。それに井田に嫌がられたらへこむ・・・“と思って、これ以上考えないようにします。

青木、井田に行動を起こしてみるが・・・?

岡野先生から“案外相手は次のステップに進みたいと思ってるかもよ“と言われ、それから青木は何となく井田を意識してしまいます。

青木と井田が一緒にお昼ご飯を食べに屋上に向かうと、同じクラスのカップルがおり一緒にイチャイチャしているのを目撃してしまいます。
青木と井田は今日は違う場所で食べようと場所を移動します。

青木が井田に「井田、風紀委員なんだから取り締まれよ」と言いますが、井田は「別に合意の上なんだから問題ないだろ」と言います。
恋愛には疎いと思っていた井田ですが、一応カップルがどういうことをするのかは知っている様子。

それを知った青木は急にギアが入ります。
そして、青木がさりげなく井田の手に触れてみたところ、井田から「うわっ」と言われてしまいます。

そんな井田を見て青木は必死に言い訳をしてなんとかその場をやり過ごします。

青木、勉強の鬼になる!

キモいと思われたと落ち込む青木は数学の勉強に集中します。

それを見た岡野先生が「どうしたの、最近おかしいぞ?最近ものすごい集中力で勉強してるけど。」と聞くと、青木は「学校は勉強する場所じゃないですか。それに問題解いている間は嫌なことを忘れられる・・・」と言います。

岡野先生は「もしかしてフラれちゃったとか?」と心配します。
そんな青木を元気づけようと岡野先生は青木にテストを返します。

そのテストの点数はなんと91点!
数学の勉強を頑張った青木は、テストでいい成績を取ることができたのです。

喜ぶ青木は「岡野くんのおかげだよ。ありがとうござます!」と伝えると、岡野くんは「青木くんがすごいんだよ。」と言ってくれます。

井田、青木の手を握る?!

青木がいいことがあったと歩道橋の上でテストを眺めていると、部活終わりの井田がやってきます。

井田が「何を眺めていたんだ?」と尋ねるので、青木はテストを見せてあげます。
青木の点数を見た井田は「幸せをかみしめてたのか」というので、青木は「別にいいだろ、喜んだって。めちゃくちゃ課題もやってスゲー大変だったんだ。」と言います。

そんな青木を見て井田は「だから最近元気がなかったのか?なんとなくそんな気がして」と言います。
しかし、青木は“それはあの時からお前がよく手を隠すようになったから“と思います。

そして井田に「この間びっくりしたろ?俺が急に手を触って。もうしねーから。だからそんなに警戒しなくていいし。」と伝えます。

すると井田は青木に手を貸すように言います。
そして驚く青木の手を自分の制服のポケットに突っ込みます。
焦る青木ですが、妙に熱いものがあり取り出すとホッカイロだったのです。

“へ?“と呆然とする青木に井田は「この間、思ったより手が冷たくてびっくりした。青木って極度の冷え症?」と言ってきます。

青木が井田の手を触って「うわっ」と言ったのは青木の手が冷たすぎて驚いただけだったのです。

こうして青木の勘違いだったことが判明。
青木は「よかったー。きもいとかじゃなくて」とホッとします。

すると井田は青木の手を握り、指を絡めてきます。
そして、いきなりの恋人繋ぎに照れまくる青木は井田に「井田ってさ。どこまでわかっての?付き合ったら普通あんなことやこんなことするんだぞ?」

その言葉に対して井田は、「知ってるよ。今すぐどうとは考えてないけど、青木のこと気持ち悪いなんて思うわけないだろ」と伝えます。
そして井田は青木の手に指を絡めてくれます。
こうして歩道橋の上で恋人繋ぎをする2人。
青木も“焦ることはなかったんだ“とホッとするのでした。

青木、岡野くんに避けられる?

翌日になり青木が岡野先生と勉強をしていても岡野先生はなんだかそっけない様子。

実は昨日、青木と井田が歩道橋の上で手を握りあっていたのを岡野先生が目撃していたのです。
岡野先生は“そういえば青木から妙に慕われている気がする“と思い込んでしまいます。

青木は小テストが満点だったので喜んで岡野先生に報告しますが、岡野先生は驚いて椅子から落ちてしまいます。
青木はそんな岡野先生にびっくりしつつも「岡野先生、覚えてる?小テストで満点を取ったらラーメン奢ってくれるって言ってたじゃん。」と言います。

しかし、岡野先生は「あれ、やっぱなしで。俺はそういうの興味ないから」と青木を拒否します。
岡野先生は昨日歩道橋の上で井田と手を握りあっているところを見てしまったと言います。

岡野先生は「青木くんがそうとか知らなかったから。約束はごめん。もちろん誰にも言わないから。」と言います。
そんな岡野先生の言葉を聞いて、青木は「ありがとう、岡野先生。ごめんね。言ってなくて。」と言いつつも、青木は落ち込んでしまいます。

青木、大切なことに気づく!

岡野先生の言葉に落ち込む青木。
そんな青木を心配して、井田は「言えよ。約束したろ?困ったことや悩み事があったら何でも相談するって。」と言ってくれます。
橋下さんやあっくんも一緒に話を聞いてくれます。

青木は「大した事じゃないんだけど・・・岡野先生に井田といるところを見られて、なんかそれで嫌われちゃって。ラーメン行く約束、やっぱなしつって。奢ってもらうの楽しみだったのに。ほんとついてねーわ。」と言います。
すると、井田は「大したことだよ、それは」と言ってくれます。

橋下さんも「ムカつく!何、あの人!」と怒ってくれます。
あっくんも「どうせテキトーに言ってる系だろ。」と言ってくれます。

こうして井田・橋下さん・あっくんが味方になってくれた青木は、自分を大事にしてくれる人を大事にしたいと思うのでした。

青木、井田の言葉に救われる!

井田は部活をサボって「俺が岡野先生に話に行くか」と言ってくれます。

青木は「いいよ。誰にも言わないって言ってくれてるし、もう丸く収まったから。」と言いますが、井田は「青木がへこんでるなら丸く収まってはいない。」と言ってくれます。

井田に「青木はどうしたい?」と言われた青木は、井田に「大事にしたいな。大事にしてくれる人を。」と伝えます。
そして、井田に「今日部活終わったら暇?ラーメン食べに行かない?岡野先生なんかこっちからお断りだ」と言います。
こうして青木と井田は一緒にラーメンを食べに行く約束をします。

谷口先生や豊田くんは偏見を持たずに見守ってくれている!

職員室で、岡野先生は谷口先生から「青木、また点が上がったよ。岡野くんは生徒の才能を伸ばすのが上手いんだな。」と言われます。

「谷口先生こそ昔は結構スパルタで生徒の成績をガンガンに伸ばしていたじゃないですか。」と言う岡野先生に、
谷口先生は
「そんな時代もあったね。
何十年もこの仕事をしていると色んな生徒に出会うんだよね。
みんなそれぞれ違った個性を持っている。
教師っていうのはそういった個性を見守っていくことが仕事なんじゃないかって。」

と言います。

谷口先生は青木と井田の関係を察しつつも見守ってくれているのです。


職員室でそんなやり取りが行われている一方、井田は青木とラーメンに行くために急いで部活の後始末をしようとしています。
そんな井田に親友の豊田は、代わりにやっとくから行ってあげるように言います。
豊田くんもまた青木と井田の関係をそっと見守っていてくれているのです。

青木、岡野先生に遭遇

ラーメン屋に向かう途中で青木は男性に声をかけられ道案内することになります。
道案内のお礼にと男性は青木にお金を渡そうとしますが、それを見た岡野先生は青木がいかがわしいことに巻き込まれていると勘違いします。

岡野先生は青木を連れて駆け出し、青木に「もっと自分の身体、大事にしろよ!じゃあな。」と言います。
青木は、ただ道案内をしていただけと言います。
しかし、岡野先生は「へー、道案内ね?じゃあ、この前の歩道橋の時も道案内か?」と言ってくるので、さすがの青木も頭にきます。

そして、青木は「付き合ってんだよ!いいだろ別に!岡野先生、偏見やばいよ!」と言います。

「しょうがないだろ。俺はそういうの知らないし。」という岡野先生に、青木は「そうやって線引きされたくねーんだよ。」と言います。

さらに青木は「ただ教えてもらえて嬉しかったんだ。相談にのってもらったり初めてできた先輩つーか、兄ちゃんみたいで。」と伝えます。

岡野先生は“最初は知らなかったから仲良くできたんだ“と言いますが、青木は悲しそうな顔で「俺、最初から変わってないよ」と伝えます。

井田、岡野先生をラーメンに誘う!

そこに井田が現れます。
いつの間にか青木と岡野先生はラーメン屋の前に来ていたのです。

悲しそうな顔をした青木に井田は「何かあった?」と言いますが、青木は“別に“と言ってラーメン屋に入って行こうとします。
しかし、井田は岡野先生に「一緒にラーメン、食べませんか?」と言います。

「空気読めよ」という青木に、井田は「だって青木、岡野先生とラーメン行くの楽しみにしていたし。」と言います。

そして、なぜか3人でラーメンを食べることになった青木・井田・岡野先生。

気まずい3人でしたが、井田が突然席を立ちます。

「どこ行くんだよ?」という青木に、井田は「手を洗ってくる」と言って行ってしまいます。

岡野先生と青木は2人きりになります。
すると岡野先生は青木に「正直、青木くんのこと、簡単には理解できない。けど、約束破る理由じゃなかった。ごめん。」と伝えます。
それを聞いた青木は、岡野先生に「つか岡野先生。自意識過剰じゃね?偏見ヤバ男だし。俺だって誰でもいいわけじゃない。井田が好きなんだ。」と伝えます。

3人でラーメンを食べる!

井田が手洗いから戻ってくるとラーメンが運ばれてきます。

  • 岡野先生は味噌ラーメン
  • 青木は醤油ラーメン
  • 井田は塩ラーメン

見事に3人ともバラバラです。
岡野先生は「ここは味噌ラーメンが美味しんだぞ?」と言いますが、青木も井田も気にする様子もなく美味しそうにラーメンを食べています。

そんな姿を見た岡野先生は「まっ、いいか。何が好きだろうと人の自由だしな」と言います。
こうして岡野先生は2人の関係を見て、認めてくれたのでした。

ラーメン屋からの帰り道で・・・

岡野先生はラーメン屋ですっかり酔っ払ってしまいます。
井田はそんな岡野先生を背負って帰ってくれます。

青木が「悪いな、井田。」と言うと、井田は岡野先生が重いのかちょっぴり不機嫌そう・・・。
けれど、青木が「ありがとな、井田。岡野先生に話に行くって言ってくれて、嬉しかった。」と言うと、井田は青木にニコッと笑いかけてくれます。

青木が「つか、岡野先生、どうするよ?」と言うと、井田は「この辺に置いてくか。」と言います。
珍しくブラック井田が登場し、青木はびっくりします。

驚く青木に、井田は「俺も腹立ってたし。」と言ってくれます。
そして青木をじっと見つめ、「やっぱ青木は優しいな。」と言って笑いかけてくれるのでした。

そんな井田を見て、青木は“井田ってじっと見つめてくるんだよな・・・“と焦ります。
何にしても自分のために怒ってくれた井田に惚れ直す青木なのでした。

一方、井田は“重くなってきた。マジで(岡野先生を)置いていくかな。“とブラックな考えを巡らすのでした(笑)

消えた初恋8話は“偏見ヤバ男“認定された岡野先生が登場する回でした。

青木と井田の“恋人繋ぎ“も胸キュンでしたが、青木の悲しそうな表情がすごく印象的でした!

青木と井田。
やっぱり男同士の恋愛に対して世の中にはまだまだ偏見はありますよね・・・

そんな偏見はダメだよとさりげなくこのドラマでは教えてくれたのではないでしょうか?

少なくとも、青木と井田のようにお互いのことを真剣に思ってくれる同士の恋愛は応援したいなと思いますね♪

消えた初恋ドラマ8話を見た感想は?

ツイッターから消えた初恋8話の感想をご紹介したいと思います!

最後の感想ですが、ころすけもドラマ8話を見た時にすごく思いました!
屋上で昼ご飯を食べている時の距離感が最初の頃より縮まっていますよね♪(左が昔、右が今)


そして、消えた初恋8話では井田のストレートな言葉や行動に誠実さを感じた方が多かったようです。
“井田にキモいと思われたかも・・・“と不安がる青木の手をサッと自分の制服のポケットに突っ込んでしまうシーンでは、“してやったり“と満足げな井田の表情が印象的でした。
もしかしたら青木の手が冷たいのを心配してずっとポケットにホッカイロを忍ばせていたのかもしれませんね♪


何にしてもドラマ初期の頃に比べ、最近では井田のいろんな表情や感情を見ることができて嬉しいですね!

消えた初恋ドラマ8話の視聴率は?

消えた初恋8話は深夜帯の番組なので、すぐには公表されません。
しかし、11月29日月曜日になってもTVerでは5位と上位になっています♪

消えた初恋を“おかわり“している人が多いということですね^ ^

消えた初恋8話も胸キュンエピソードがいっぱいでした!
まだまだTVerで消えた初恋8話はおかわりできるので、何度も見返したいですね♪

青木と井田が恋人繋ぎ!

消えた初恋8話では、井田から青木に手をそっと繋いで、しかも恋人繋ぎまで披露しました!

そんな胸キュンいっぱいの恋人繋ぎのシーンをツイッターから画像を拾わせていただきました。

青木と井田の恋人繋ぎの画像まとめ

青木役の道枝駿佑くんは以前、ジャニーズYoutubeで自分の手が背の高さの割に小さいと言っていました。

確かに井田役の目黒蓮くんの方が手が大きいですよね!
青木の手が井田の手にすっぽりとハマっています。

手の大きさの違いも胸キュンポイントですね♪

消えた初恋最終章(9話)でも恋人繋ぎが見れる!

再来週の12月11日(土)放送の最終章(消えた初恋9話)では、しっかり恋人繋ぎをした青木と井田が見れますよ♪
というかもう最終章なのかと寂しい気持ちもしますね(´;ω;`)
もっと青木と井田を見ていたい!!

とはいえ、まだまだ放送はありますからね(๑>◡<๑)

12月4日(土)は特別編の放送なので12月11日(土)の放送まで約2週間ありますが、恋人繋ぎをした青木と井田のデートが楽しみですね♪

放送時間に注意してくださいね(๑>◡<๑)

  • 12月4日(土)特別編・・・深夜0時から放送
  • 12月11日(土)最終章(9話)・・・いつも通り23時30分から放送


最終章は前編・後編の2話に分かれて放送されます。
最終回は12月18日(土)です♪


消えた初恋ドラマ8話は原作漫画の何話に相当?

消えた初恋8話は原作漫画「消えた初恋」の第18話から19話(漫画5巻)に相当します。

実は、消えた初恋7話は原作漫画「消えた初恋」の第13話(漫画3巻)に相当していたので、すっぽり漫画の4巻が抜けていることになります。
ただ、漫画の4巻の話がクリスマスなので、もしかしたら12月11日(土)の最終章で漫画4巻のエピソードが盛り込まれるかもしれません!

いよいよ最終回が近づいてきたドラマ「消えた初恋」。
どんな最終回になるのか気になりますね♪

原作漫画のストーリーが気になる方はぜひこちらの記事も読んでみてくださいね(๑>◡<๑)


ドラマと原作漫画の違いは?

ドラマ放送後に詳しく記載したいと思います♪

①ドラマでは岡野先生は教育実習生という設定に!

原作漫画では岡野先生は大学生でアルバイトの塾講師という設定でしたが、ドラマでは教育実習生に設定が変わっています。
原作漫画では岡野くんは大学2年生という設定でしたが、ドラマでは教育実習生なので大学3年生もしくは大学4年生という設定ですね!

岡野くんを演じたのは白洲迅さん!

岡野先生を演じたのは白洲迅(しらす じん)さんです。

1992年11月1日生まれで現在29歳の俳優さんです。

  • 東京都出身で178cmの高身長イケメン
  • ミュージカル「テニスの王子様2ndシーズン」では鳳長太郎役で出演
  • テレビ朝日「刑事7人」では野々村拓海役で出演
  • TBSの2021年春ドラマ「リコカツ」では水無月連役で出演
  • 2022年1月3日放送のNHKの正月特番時代劇「幕末相棒伝」では沖田総司役で出演

趣味はギター、ロードバイク、温泉、キャンプで、特技は野球だそうです。

来年の正月にはNHKの時代劇で沖田総司役という重要な役で出演されますよ。

今後の活躍がますます期待される俳優さんですね(*´︶`*)

②青木の岡野先生の呼び方が違う!

漫画ではアルバイト塾講師という設定だった岡野先生ですが、青木はそんな岡野先生のことを「岡野くん」と呼んでいました。

ドラマでは岡野先生は教育実習生だったので、青木も「岡野先生」と呼んでいました。

>>原作漫画「消えた初恋」の続きが気になる方はこちら

消えた初恋8話まとめ

この記事では「消えた初恋8話ネタバレ・感想・視聴率。青木と井田が恋人繋ぎ!」と題して、ドラマ「消えた初恋」8話のあらすじ・ネタバレと放送後の感想や視聴率青木と井田がついに手を繋ぐシーンについてもお伝えしました。

この記事が放送地域に入っていなくてドラマをリアタイできなかった方やドラマを見逃しちゃったという方の参考になれば嬉しいです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました