「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

キングダム4映画ネタバレ感想。内容や最後結末どうなる?

キングダム4映画ネタバレ感想。続きや最後結末どうなる? 漫画・アニメ

映画「キングダム3〜運命の炎」が2023年7月に公開されましたね!


みなさん、もうご覧になったでしょうか?


ご覧になった方は


”続きの内容が気になる!”
”最後の結末はどうなるの?”



と思っていらっしゃるでしょう。


そこで、この記事では「キングダム4映画ネタバレ感想。内容や最後結末どうなる?」と題して、

  • キングダム4のネタバレ:続きや最後結末どうなる?

  • キングダム4映画の感想は悲しい?

をお伝えします。

キングダム4映画ネタバレ内容や最後結末どうなる?

キングダム4映画ネタバレ感想。内容や最後結末どうなるか予想!0

前作のキングダム3では、馬陽の戦いの最中に”龐煖(ほうけん)が奇襲してきたところ”で終わりましたよね!


前作のネタバレあらすじは別記事に書いているので、そちらをご覧ください。
>>キングダム3のあらすじ


ここからのネタバレをお伝えします。

キングダム4映画ネタバレ内容

ネタバレになります。
ご注意ください。

仲間の死

突如として現れた龐煖ほうけん(吉川晃司)は異様な強さです。


まさに武神。


その圧倒的な強さに飛信隊のメンバーは太刀打ちできず、次々とやられていきます。


信ですら龐煖の強さの前に太刀打ちできず、深傷を負ってしまいます。



そして、尾到びとう(三浦貴大たかひろが深傷を負った信を身を挺して守り、亡くなってしまうのでした。


尾到は信に向かって、「仲間の思いを乗せて天下の大将軍に駆け上がれ」と言い残します。


その言葉を胸に、信は生き延びる決意を新たにするのでした。

楊端和が登場

龐煖の奇襲により、一晩にして飛信隊は半数以上が壊滅してしまいます。


そして、蒙武(平山祐介)隆国りゅうこくは違う場所で趙軍と一進一退の攻防を繰り広げていました。



そんな秦軍のピンチが続く中、秦国の王宮には山の神楊端和(長澤まさみ)が訪ねてきていました。



王弟の反乱(キングダム1)の後、楊端和は山界に戻っていました。


そして、ずっと戦に明け暮れており、北の騎馬民族・匈奴きょうどとぶつかるまでに勢力を伸ばしていたのです。


しかし、楊端和によると、山の民が攻撃する前に十万人を超える匈奴軍が既に全滅していたと言います。


そして、その犯人は趙軍の李牧だと言います。

李牧が動く

実は李牧は趙の三大天の一人だったのです。


趙の騎馬隊が李牧を迎えにやってきて、河了貂(橋本環奈)蒙毅(萩原利久はぎわら りくは縄で縛られてしまいます。


そして、開戦5日目。


李牧軍も応戦に向かいます。


一方、その頃、王騎と龐煖が対峙しており、ついに大将同士の戦いが始まろうとしていました。




王騎と龐煖が対峙するのは9年ぶりです。


王騎は李牧の存在こそ知らなかったものの、どこかに伏した援軍がいることを予測しており、早めに戦を終わらせようとします。

戦の終結

もうすぐ王騎が龐煖を討ち取ろうとしていた時に、李牧が率いる軍がやってきます。


王騎の予測よりも早く李牧軍が到着してしまったのです。



それでも王騎が龐煖を討ち取ろうとしていた時、趙軍の魏加(ぎか)の矢が放たれます。


そして、矢が王騎に刺さると同時に、龐煖の刃も王騎に刺さってしまうのでした・・・。



信は、王騎の馬・凰(おう)に飛び移ります。


そして、深傷を負った王騎を背に乗せて走り去ります。


他の秦軍たちも王騎を安全なところまで連れて行けるよう、援護します。



信が馬を走らせる中、王騎は信に深呼吸をしてゆっくり見渡すように言います。


そして、「将軍の目にはさまざまなものが見える」と伝えます。



一方、王騎よりも上手だった李牧は、
「王騎の死が目的。これ以上、怒りに震えたものたちを相手にしてはこちらの軍もやられる。」
と李牧軍は退散していきます。



龐煖はというと、勝ったものの王騎に負けたような気分になります。




こうして、戦争は終局を迎えます。


王騎は部下のとう(要 潤)に後のことを任せると伝えます。



そして、王騎は信に”天下の大将軍になれる素質がある”と言い残し、自身の武器を信に与え、そのまま馬上で亡くなってしまうのでした・・・。

キングダム4映画ネタバレ最後結末どうなる?

ここまでお伝えしたとおり、実写映画「キングダム3 運命の炎」は王騎の死が描かれます


結末は悲しくて、苦しいと感じた方も多いのではないでしょうか?


実際にころすけは原作漫画でこの話を読んで、泣きました(^◇^;)



だって、あの王騎がですよ?!


亡くなるなんて想像もしてなかったので、びっくりしたと同時に亡くなる時の情景が美しくて、すごく悲しくなりました・・・。


今思い出しても悲しいです。


映画では絶対に端折らないで、ここのシーンを壮大に描いてほしいなぁと思います!


>>キングダム4の内容は漫画の何巻?

キングダム4映画の感想は悲しいでいっぱい!

キングダム4映画ネタバレ感想。続きや最後結末どうなる?00


実写映画「キングダム3 運命の炎」の最後結末は王騎の死が描かれるので、みなさんの感想は悲しい気持ちでいっぱいになると思います。


でも、実は王騎きょうの過去も悲しいんです。



この王騎きょうの過去を知って、涙する方もいるんじゃないかなぁと思います!


そこで、ここからは王騎の悲しい過去についてもご紹介します。


※ネタバレにご注意ください!

王騎と摎の過去も悲しい!

六大将軍の一人だった摎(きょう)女性です。


その正体は嬴政 えいせい曽祖父・昭襄王しょうじょうおうの娘です。



摎(きょう)は王の娘という身分を隠すため、途中からは仮面をつけて過ごしていました。


の母親は貧しい家の出身の宮女です。


”もし貧しい母親を持つが王の娘と知られれば、命も危うくなる・・・。”


そう考えた母親はの安全を確保するために、幼い王騎のもとに預けたのです。


そんな幼いは王騎の側で召使として働きながら、力をどんどん身につけます。


幼いは王騎に淡い恋心を抱いていて、「100個の城を取ったらお嫁さんにしてほしい」と言います。


王騎は幼い摎の戯言だと思い、了承します。


しかし、摎の王騎への恋心は本気で、どんどん力を身につけていきます。


こうして美しく成長したは、もうすぐ100個のお城を本当に取れそうなところまで強くなります。


そんなとの約束を王騎は覚えていて、王騎と摎許嫁のような関係だったんです。



はたから見ても2人はもうすぐ結ばれそうでした。



しかし、そんな時に龐煖ほうけんに殺されてしまったんです・・・。



その知らせを聞いた王騎は、龐煖ほうけんを討っての敵討ちをしたと思われていました。



しかし、龐煖は生き延びていた・・・。


そして、今回の「キングダム4」では王騎の方が亡くなってしまったんですね・・・。

最後に王騎が信に武器を託した理由を考察

このように王騎と龐煖の戦いは、きょうをめぐる因縁の対決だったわけです!


王騎は自分の手で摎の敵討ちをしたかったでしょうね。


さぞかし無念だったでしょう。


王騎はその無念を抱きながらも、信なら自分以上に強くなれると確信し、自身の武器を託したのではないでしょうか!



王騎と摎の過去はすごく悲しいです。



2人の悲しい過去が、「キングダム4」ではどんな風に描かれているのか今から楽しみですね!

キングダム4映画の感想は?

実際に映画「キングダム4」が公開された後に記載させていただきます!



早く公開してほしいけど、まだまだ続編まで時間がかかりそうですよね。



別記事ではキングダム4の公開日を予想しています。
気になる方は読んでみてくださいね!


>>次回作(続編)の公開日はいつ!?



キングダム3の続きの内容が気になる方はアニメや漫もおすすめです!




DMMブックスでは破格の90%OFFキャンペーン中!
通常なら564円ですが、今なら1冊たったの56円で読めます!


漫画13巻〜漫画16巻あたりまで読んでおくと、キングダム4の予習になりますよ・:*+.\(( °ω° ))/.:+


漫画のイッキ読みは今がチャンス!
90%OFFは今だけ

漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】*SEOメディア用※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

キングダム4映画ネタバレ内容と内容のまとめ

キングダム4映画ネタバレ感想。内容や最後結末どうなる?000

この記事では「キングダム4映画ネタバレ感想。内容や最後結末どうなる?」と題して、

  • キングダム4のネタバレ:内容や最後結末どうなる?
  • キングダム4映画の感想は悲しい?

をお伝えしました。



前作「キングダム〜運命の炎」の内容は途中で終わっているので、続きが気になっている方も多いと思います!


今回、ころすけは原作漫画を読んでるのである程度の内容ネタバレをお伝えしました。


しかし、映画「キングダム4」では王騎ときょうの過去や結末が壮大なスケールで描かれるに違いありません。


映画「キングダム4」の公開が楽しみですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました