ミクロネシア連邦の治安はいい?悪い?人の特徴もご紹介

ミクロネシア連邦の治安はいい?悪い?人の特徴もご紹介海外旅行/海外の観光地
Pocket

ミクロネシア連邦という国をご存知でしょうか?

福岡県は、7月2日からグアムとミクロネシア連邦の東京五輪事前キャンプを福岡県みやま市で受け入れると発表しました。
コロナ禍での東京五輪開催は不安は残りますが、ミクロネシア連邦という国は聞いたことがないぞ?という素朴な疑問も生まれました。

そこで、この記事では「ミクロネシア連邦の治安はいい?悪い?人の特徴もご紹介」と題して、ミクロネシア連邦の治安はいいのか悪いのか、またミクロネシア人の特徴をご紹介します。

ミクロネシア連邦の治安はいい?悪い?

ミクロネシア連邦の治安は比較的いいです。
外国人観光客を狙ったような凶悪な犯罪は少なく、観光も安全にすることができます。

外務省の海外安全ホームページでも危険レベルの表示はありませんでした。
もちろん外国ですのでひったくりなどに注意する必要はありますが、治安は良いと言えますね!

ミクロネシア連邦はどんな国?

ミクロネシアの治安がいいのは分かりましたが、そもそもミクロネシアがどんな国なのか分からない方も多いと思います。
ミクロネシアはギリシャ語のミクロス(小さい)とネソス(島)から由来した名前で、「小さな島々」という意味です。

ミクロネシア連邦は607つの島々で出来ており、美しい海に囲まれた楽園とも言われています。
主にヤップ、チューク、ポンペイ、コスラエの4つの州で構成されています。

面積は奄美大島とほぼ同じくらいで、共用語は英語です。

日本からの直行便はなく、グアム経由で行くことになります。
ミクロネシア連邦までグアムから1時間弱で行くことができますよ♪

人の特徴もご紹介


ミクロネシア連邦の現地の人は優しいです。
流れている時間も日本とは比べ物にならないぐらいゆったりとしているので、現地の人も優しいのだと思います(*^^*)

そういえば昔、セブ島の中でも人口の少ない島に行ったのですが、海はものすごい透明感で流れている時間もゆっくりで、人々も優しかったです!

日本ではストレスがたくさんかかりますが、こういうのんびりとした時間を過ごせたら人は自然に優しくなれるのかもしれないですね♪

人以外の魅力を画像付きで紹介

src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″>

このようにミクロネシア連邦はとにかく透明度が半端ない海豊かな自然に囲まれた綺麗な国と分かりました。
現地の人が優しい穏やかな人が多いというのも納得です(*^^*)

まとめ

この記事では「ミクロネシア連邦の治安はいい?悪い?人の特徴もご紹介」と題して、ミクロネシア連邦の治安はいいのか悪いのか、またミクロネシア人の特徴もご紹介しました。

  • ミクロネシアの治安は比較的にいい
  • ミクロネシアの人は優しい

という素敵な国と分かりました。

調べていくうちにkpopグループのEXOのチャニョルがテレビ番組「ジャングルの法則」で訪れていた国という事もわかりました。
この放送は2013年なので、8年前にはすでに観光などで訪れることができた場所だったんですね。

また、美しい海に囲まれているのでダイビングスポットとしても有名です。
こんな綺麗な海のダイビングは至極の時だと思います!

コロナが収まったら魅力いっぱいのミクロネシアに行ってみたいですね♪

最後まで読んでいただき有難うございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました