耳をすませば原作は打ち切り?違いやその後の結末は結婚でハッピーエンドなのかも紹介!

耳をすませば原作は打ち切り?違いやその後の結末は結婚でハッピーエンドなのかも紹介!エンタメ・語学・仕事etc.

「耳をすませば」はジプリ映画作品の名作の1つです。


この「耳をすませば」の原作は少女まんがなのですが、実は編集者の都合で打ち切りで終わったという話があります。


そこで、この記事では「耳をすませば原作は打ち切り?違いやその後の結末は結婚でハッピーエンドなのかも紹介!」と題して、

  • 「耳をすませば」の原作漫画が打ち切りなのは本当?

  • 「耳をすませば」の原作漫画が打ち切りが本当ならその理由は?

  • ジプリ映画「耳をすませば」と原作漫画「耳をすませば」の違いは?

  • 月島雫と天沢聖司の結末は結婚してハッピーエンドなのか?

をお伝えします。

※ツイッターから画像をお借りしました。

耳をすませば原作は打ち切り?理由は?

「耳をすませば」の原作はひいらぎあおいさんが作者の少女まんがです。


原作漫画が打ち切りというのは本当なのか早速お伝えします。

耳をすませばの原作漫画が打ち切りなのは本当?

「耳をすませば」の原作漫画が打ち切りなのは本当です。


原作漫画の「耳をすませば」は少女まんが雑誌『りぼん』の1989年8月号〜11月号に連載されていましたが、この4回で打ち切りという形で連載が終了となりました。

耳をすませばの原作漫画が打ち切りが本当ならその理由は?

なぜ原作漫画の「耳をすませば」が打ち切りとなったのか気になりますよね!



打ち切りの理由は、柊あおいさんの前作のヒット作に比べて「耳をすませば」の評判が得られなかったからです。



「耳をすませば」の原作者の柊あおいさんは、「耳をすませば」の前に「星の瞳のシルエット」という漫画を連載していました。



この「星の瞳のシルエット」は初連載作品ながら読者の心を掴み、少女まんが雑誌『りぼん』で「ときめきトゥナイト」という作品と人気を二分するほど人気な漫画でした。



「星の瞳のシルエット」は1985年12月号から1989年5月号まで『りぼん』に掲載され、当然、柊あおいさんの次回作の「耳をすませば」も期待されていました。



しかし、原作者の柊あおいさんは「星の瞳のシルエット」でドロドロな恋愛話を書くことに疲れてしまっていました。


そこで、柊あおいさんは編集者の反対を押し切る形で、「耳をすませば」では快活な女の子を主人公にし、絵柄も変え、「人生は恋愛より大切な事がある」というテーマで漫画を書き始めます。



しかし、「耳をすませば」の第1話が載った時点で評判があまり取れず、当時少女まんが雑誌『りぼん』も200万部を超えるイケイケの時代であったこともあって4回で連載が打ち切りとなってしまったんです。



柊あおいさんは長編漫画のつもりで書き進めていたので、4回にまとめるのが大変だったそうです。




「耳をすませば」は早々に連載が打ち切りとなってしまったわけですが、まさか宮崎駿さんの目にとまり、ジプリ映画作品に生まれ変わるなんてびっくりですよね!


柊あおいさん自身がジプリ作品のファンだったそうで、映画化の話を聞いたときは驚きつつも嬉しかったと言っています。




>>宮崎駿さんが「耳をすませば」を知るきっかけが分かる記事はこちら

原作の違いやその後の結末は結婚でハッピーエンドなのかも紹介!

原作漫画「耳をすませば」とジプリ映画「耳をすませば」では異なる点がいくつかあります。


ここからは

  • 原作漫画とジプリ映画の違い

  • 月島雫と天沢聖司の結末は結婚してハッピーエンドなのか?

をお伝えします。

ジプリ映画と原作漫画の違いは?

原作漫画とジプリ映画で違う点をお伝えします。

雫と聖司の年齢が違う

原作漫画では月島雫と天沢聖司の年齢は中学1年生となっています。


しかし、ジプリ映画では恋愛要素に”進路に悩む受験生”という設定を付け加えるため、中学3年生に変更になっています。


ジプリ映画では中学3年生に変更されたことで、将来の進路に悩む雫の姿がより鮮明に表現されていると思います。

雫の姉の年齢や性格が違う

月島雫の姉は月島しほです。



原作漫画の月島汐は高校1年生ですが、ジプリ映画では大学1年生に変更になっています。


また、ジプリ映画の月島汐はしっかり者で雫の将来を心配して怒ったりしていましたが、原作漫画の月島汐はおっとりとした性格優しいお姉さんという印象です。

聖司の兄弟設定が違う

ジプリ映画では聖司の兄弟は登場しませんが、原作漫画では天沢航司こうじという兄が登場します。


天沢航司は高校1年生で、月島雫の姉の汐と付き合っています。


少し変人なお兄さんで、原作漫画ではかなり重要なポジションで登場しています。

ムーンの色や体型が違う

原作漫画のムーンは黒猫で、かなりスマートな体型をしています。


一方、ジプリ映画のムーンは太っちょです。



さらに原作漫画ではムーンの他にルナという黒猫の女の子も登場していて、雫を地球屋に連れてきたのはルナの方です。

聖司の将来の夢が違う

原作漫画では聖司は画家を目指しています。


しかし、ジプリ映画では聖司の夢はバイオリン職人に変更されています。



ジプリ映画では「カントリーロード」の主題歌も有名ですよね!


聖司の夢がバイオリン職人に変更されたことで、雫が歌う「カントリーロード」にあわせて、聖司やおじいさん達が演奏するシーンも描かれています。





原作漫画の「耳をすませば」では聖司がもっと嫌なやつとして描かれていたり、黒猫のルナが出てきたり、変人のお兄さんが出てきたりして、ジプリ映画とは違う面白さがあります。


電子書籍のebook japanでは今なら初回限定で半額で読めるキャンペーンを実施しているので、おすすめですよ♪

今なら漫画「耳をすませば」を半額で読める

耳をすませばの裏話!猫の恩返し・千と千尋の神隠しとのつながりも紹介3

月島雫と天沢聖司の結末は結婚してハッピーエンドなの?

ジプリ映画「耳をすませば」では、天沢聖司が月島雫にプロポーズして物語は終わります。



聖司「今すぐって訳にはいかないけど。俺と結婚してくれないか!」


「嬉しい、そうなればいいなって思ってた。」


聖司「雫!……大好きだ!!」



中学生3年生の聖司がまさかのプロポーズをして抱き合って終わるシーンにびっくりした方も多いのではないでしょうか?


実際、雫と聖司が結婚したのか気になりますよね!



結論として、雫と聖司が結婚してハッピーエンドになったのかは分かりません




原作漫画「耳をすませば」のラストは”君が好き””わたしもあなたが好き”で終わっていて、プロポーズシーン自体がありません。



ジプリ映画で聖司が雫にプロポーズをするシーンを加えたのは、ただ”好きだ”というだけでは弱いと宮崎駿さんが思ったからなのではないかと思います。



原作漫画「耳をすませば」には続編の「耳をすませば〜幸せな時間〜」もあるのですが、こちらの作品では月島雫が中学3年の夏休みに体験した不思議な出来事が描かれていて、2人が結婚したかどうかは描かれていません。



なので、ジプリ映画ではもちろん原作漫画でも雫と聖司が結婚したかどうかの結末は描かれていないんです。



観客に結末を想像させるという”余韻残し”をすることで、より観客を作品に惹き込むことに成功していますよね!

ツイッターから意見を紹介!

ツイッターから皆さんの予想や意見をご紹介します。


雫と聖司がまだ中学3年生で、しかも聖司がイタリアに留学することから”お互い別れてしまっている”という意見や逆に聖司がイタリアで修行してバイオリン職人となり、雫をイタリアに呼んで”結婚する”という意見などなど。



いろいろな意見や予想がありました。



少なくとも月島雫は、小説「猫の恩返し」を書き上げ自分の夢の1つを叶えています。


>>「耳をすませば」と「猫の恩返し」の関係はこちら





個人的には雫と聖司はまだ結婚はしていないかもしれませんが、お互いの夢を応援しながらいい関係を続けていると嬉しいなぁと思います!




2022年10月14日に公開される実写映画「耳をすませば」では、月島雫(清野菜名)と天沢聖司(松坂桃李)の10年後の姿も描かれるということで、25歳になった2人がどうなっているのか気になるところではありますよね。



ジプリ映画「耳をすませば」を見てきた方は、きっと雫と聖司の将来を自分なりに想像してこられた方も多いと思います。



実写映画の制作にはジプリは関わっていないとのことですが、2人の将来がどうなっているのか知りたいような知りたくないような・・・


そんな不思議な気持ちになりますね。

今なら漫画「耳をすませば」を半額で読める

耳をすませばの裏話!猫の恩返し・千と千尋の神隠しとのつながりも紹介3

耳をすませば原作は打ち切り?のまとめ

この記事では「耳をすませば原作は打ち切り?違いやその後の結末は結婚でハッピーエンドなのかも紹介!」と題して、

  • 「耳をすませば」の原作漫画が打ち切りなのは本当?

  • 「耳をすませば」の原作漫画が打ち切りが本当ならその理由は?

  • ジプリ映画「耳をすませば」と原作漫画「耳をすませば」の違いは?

  • 月島雫と天沢聖司の結末は結婚してハッピーエンドなのか?

をお伝えしました。


「耳をすませば」が4回で打ち切りとなった話は本当です。


打ち切りの理由は、「耳をすませば」1話の評判が思ったように得られなかったからです。


それでも偶然が重なって、ジプリ映画として「耳をすませば」は愛される物語へなりました。


まさに人生何が起こるか分からないとはこの事ですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました