モエカレはオレンジ色映画にキスシーンある?原作漫画のキスは何巻の何話?

モエカレはオレンジ色映画にキスシーンある?原作漫画のキスは何巻の何話?SnowMan

この記事では「モエカレはオレンジ色映画にキスシーンある?原作漫画のキスは何巻の何話?」をお伝えします。


2022年7月8日(金)に実写映画「モエカレはオレンジ色」が公開になりました。


「モエカレはオレンジ色」にキスシーンはあるのか気になりますよね。


ころすけも公開2日目に映画を見てきて、

実際にSnowMan岩本照くんとめるるのキスシーンがあるのか・・・

この目で確かめてきました!




そこで、この記事では

  • 実写映画版「モエカレはオレンジ色」で蛯原(SnowMan岩本照くん)と萌衣(めるる)のキスシーンはあるのか?

  • 原作漫画「モエカレはオレンジ色」のキスは何巻の何話に収録されているのか?

をお伝えします。

映画モエカレはオレンジ色にキスシーンある?

「モエカレはオレンジ色」の実写映画で蛯原恭介(SnowMan岩本照くん)と佐々木萌衣(めるる)のキスシーンはあるのでしょうか?


さっそくお伝えします。

モエカレはオレンジ色の映画で蛯原と萌衣のキスシーンはある?

キスシーンは最後にあります。


最後のキスシーンは凄く綺麗で感動します!


とはいえ、消防士の仲間たちが水を噴射している中でのキスシーンだったので、角度で誤魔化している気もしました。


ガッツリキスをしているという感じではなかったです。


”最後の最後でキスシーン来て心臓痛くなった”という感想もありますが、ころすけ的には美しいキスシーンと感動しました!

映画を見た人の感想を紹介!

実際に映画をみた他の人の感想もご紹介します。

キスシーンを見た方々の感想です!

キスシーンに心痛めてる方も確かにいらっしゃいましたが、ころすけ同様、キスしているふりにも見えたという方もいらっしゃいました。

原作漫画モエカレはオレンジ色キスシーンは何巻の何話?

「モエカレはオレンジ色」は玉島ノンさんが原作の漫画です。


原作漫画のキスは何巻の何話に収録されているかお伝えします。


キスシーンは原作漫画の何巻の何話?

「モエカレはオレンジ色」の原作漫画の初めてのキスシーンは9巻の36話に収録されています。


キスシーンはどんなシーン?

初めてのキスは公園でした。


萌衣は、7年前に亡くなった蛯原の彼女の存在を知り、早く会いたいと公園でジョギングをしていた蛯原の元に駆けつけます。


そして、泣きながら”彼女の話をして蛯原にも楽になってほしい”と萌衣は言います。


そんな萌衣の姿に心打たれた蛯原が萌衣にキスをしました。



このキスの後、蛯原恭介は萌衣が高校卒業して大人になるまでは付き合わないと宣言します。


現在発売されている12巻でキスシーンがあるのはこの初キスシーンの1回だけです。

原作漫画はまだまだストーリーが続いています。

ebook japanでは、今なら原作漫画の1巻から3巻まで無料で読めるキャンペーン中です。

さらには何冊でも半額になるクーポンも配布しているので、今ならお得に原作漫画を読めちゃいます。


原作漫画のキスシーンも気になった方はぜひ原作漫画も読んでみてくださいね♪

7月31日まで1巻〜3巻無料
半額クーポンも配布中

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)




漫画を無料やまとめ買いするのにおすすめの電子書籍はこちらの記事でも詳しく紹介しています。

モエカレはオレンジ色キスシーンある?のまとめ

この記事では「モエカレはオレンジ色映画にキスシーンある?原作漫画のキスは何巻の何話?」と題して

  • 実写映画版「モエカレはオレンジ色」で蛯原(SnowMan岩本照くん)と萌衣(めるる)のキスシーンはあるのか?
  • 原作漫画「モエカレはオレンジ色」のキスは何巻の何話に収録されているのか?

お伝えしました。


実写映画にキスシーンはあります。


そして、原作漫画のキスシーンは9巻の36話に収録されています。



実写映画版のモエカレのキスシーンは水が降り注ぐ中でのシーンだったので、ころすけ的にはガッツリキスしているようには見えませんでした。



それでもSnowManの岩本照くんのキスシーンがあると思うとちょっぴり心臓が痛くなりそうですが・・・

映画自体はとてもキュンキュンして感動します!


ぜひ映画館に足を運んで実写映画も見てみてくださいね^ ^

>>実写映画のキャスト相関図の一覧はこちら


>>映画のネタバレや実際に見た感想はこちら

7月31日まで1巻〜3巻無料
半額クーポンも配布中

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!


コメント

タイトルとURLをコピーしました