99.9映画ネタバレ感想。ラスト結末と犯人は誰?

99.9映画ネタバレ感想。ラスト結末と犯人は誰?映画

12月30日(木)に映画「99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE」が公開されました。

ころすけも早速見てきました!
TBSでのドラマ放送の時から松本潤さん演じる深山(みやま)と香川照之さん演じる佐田の掛け合いが大好きだったので、映画化されると知って公開を楽しみにしていました。

今回、実際に映画を見て、“えっ?そんな展開?!“とびっくりしました。

そこで、この記事では「99.9映画ネタバレ感想。ラスト結末と犯人は誰?」と題して、映画99.9のネタバレ・あらすじ・感想ラスト結末と犯人が誰なのかお伝えします。

※この記事はネタバレ記事です。
本来であれば映画館で実際に見てほしいのですが、“このご時世、どうしても映画館に行けない““DVD化まで待てない“といった方に向けて書いています。
読むかどうかは自己責任でお願い致します(>人<;)

映画99.9ネタバレ感想

映画99.9の簡単なキャスト相関図を紹介したのち、ネタバレ・あらすじ・感想をお伝えします。

映画99.9キャストの相関図

映画99.9ネタバレ感想。ラスト結末と犯人は誰?
引用:映画公式HP

映画「99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE」のキャスト相関図です。
映画の公式ホームページからお借りしました。

斑目(まだらめ)法律事務所のメンバーを中心に、南雲弁護士やその娘、天華村の人々が映画のストーリーに関わっています。

斑目法律事務所メンバー

  • 弁護士・深山大翔(みやまひろと)・・・嵐・松本潤
  • 所長・佐田篤弘・・・香川照之
  • 新米弁護士・河野穂乃果・・杉咲花
  • パラリーガル・明石達也・・・片桐仁
  • パラリーガル・藤野宏樹・・・マギー
  • パラリーガル(副団長)・中塚美麗・・・馬場園梓

南雲親子

  • 弁護士・南雲恭平・・・西島秀俊
  • 南雲の娘(国際ピアノコンクール優勝)・南雲エリ・・・蒔田彩珠(まきたあじゅ)

天華村の人々

  • 山本貴信(獄中で亡くなっている)・・・渋川清彦
  • 重盛守・・・なにわ男子・道枝駿佑
  • 重盛寿一(守の父)・・・高橋克実
  • 太田保(天華村のワイン作りを仕切っている)・・・ベンガル

東京地方裁判所

  • 所長・川上憲一郎・・・笑福亭鶴瓶
  • 裁判官・弁護士事務所の元同僚・尾崎舞子・・・木村文乃

映画99.9のネタバレ・あらすじ

映画99.9のネタバレ・あらすじです。

これまでにも99.9%逆転不可能と言われてきた難事件の真実を追求し、無罪を勝ち取ってきた深山弁護士(松本潤)

班目所長が引退し、斑目弁護士事務所の刑事事件専門ルームの新所長に佐田(香川照之)が就任していた。
そこに、新米弁護士の穂乃果(杉咲花)も加わり、日々事件に向かい合っていた。

そんなある日、弁護士・南雲恭平(西島秀俊)の娘の南雲エリ(蒔田彩珠)がピアノ国際コンクールで最優秀賞を獲得し、テレビでも話題になっていた。
しかし、エリに目をつけた芸能記者がエリの父親は南雲恭平ではなく、殺人犯の山本貴信(渋川清彦)と騒ぎ立てる。

山本貴信は天華村でワイナリーを営んでおり、15年前に天華村で行われたワイン祭りでワイン樽の中に毒物を混入し4人を殺害したとして殺人罪に問われていた。
その弁護人を務めていたのが南雲恭平で、山本は無罪を主張したものの有罪判決が下り、死刑を言い渡されてしまう。

そして、山本は獄中で亡くなり、妻も病気で亡くなってしまった。
そのため、南雲恭平が娘のエリを引き取り、自分の娘として育てていたのだ。

南雲恭平はエリを守るためにその事実を伝えないでいたが、結局はマスコミの手によってその事を知ってしまい、南雲を信じられず家出してしまう。

エリは以前名刺をもらっていた佐田(香川照之)に連絡し、佐田に15年前の天華村の真相を暴いてほしいと伝える。

こうして、深山を初めとする斑目弁護士事務所のメンバーは天華村に出向いて15年前の事件の真実を探ろうとするが、太田保(ベンガル)重盛寿一(高橋克実)をはじめとする村人たちは15年前のことは掘り起こしたくないとして出ていけと言う。

しかし、村人の1人・重盛守(道枝駿佑)だけは真実を知りたいと言って協力を申し出るのだ。
重盛守は幼馴染のケイタからワイン毒物混入事件の犯人は別にいるかもしれないと言われたことが気になっており、真実が知りたいと思ったのだ。
その幼馴染はその言葉を残してアメリカに行ってしまい、現在は音信不通だという。

重盛守の協力も得ながら、深山たちは15年前の真実を探っていくことになる。

映画99.9の感想は?

個人的な感想としては、すごく面白かったです!

ころすけは舞台挨拶のライブビューイングも一緒に見たのですが、嵐の松本潤さんも“この映画を見て、この世の中で何かスパイス的なものを感じてもらえたら嬉しい。笑ってくれたら良い。“とおっしゃっていました。

ストーリー自体はコミカルな部分とシリアスな部分が両方あって、思わず笑ってしまうところもあればしんみりとしてしまうところもありました。

深山のオヤジギャグはもちろん、杉咲花さん演じる穂乃果の「ハーハッハ」という笑い声や「ビシっ!!」といったセリフが独特すぎてこちらも笑ってしまいました。
ちなみに、松本潤さんから林家パー子さんみたいに笑ってみたらとアドバイスがあり、穂乃果の笑い声は現在の形に完成していったそうです。

こうしてネタバレ記事を書いてはいますが、ぜひ劇場で映画99.9を見て笑ってほしいなぁと思います!

ツイッターから映画99.9の感想を紹介

映画99.9を実際に見た方々の感想を紹介します。


やはり面白いという意見が多いですね^ ^

映画99.9ラスト結末と犯人は誰?

映画99.9のラスト結末と犯人をお伝えします。

衝撃のラスト結末とは?

山本貴信さんを犯人に仕立て上げた人物、それは天華村の村人全員です!

村人たちはある人物たちを守るために村人全員で山本貴信さんを嘘の犯人に仕立て上げたのです。

事件の簡単なネタバレ

実際にワインに混入していた毒物は山本貴信さん(渋川清彦)の持っていた薬品とは別の毒物が混入されていました。

しかし、村人たちはある人物を守るために村人全員で毒物が混入されたワイン樽別の物にすり替えました。


そして、村人の1人・太田保(ベンガル)は山本貴信さんの倉庫から薬品を盗み出し、それがあたかも事件に使われた毒物であったかのようにすり替えたワイン樽に入れたのです。


こうして、山本貴信さんは無実の罪をきせられ、獄中死してしまいました。
無実を信じていた奥さんも病気で亡くなり、娘のエリさん(蒔田彩珠)は南雲恭平弁護士(西島秀俊)に引き取られ、南雲エリとして生きることになったのです。

犯人は誰?

村人たちは誰を守ろうとしていたのでしょうか?

それは、

子供たち(重盛守くんとその友達のケイタくん)

でした!

15年前に起きた天華村ワイン毒物混入事件の犯人は、道枝駿佑さん演じる重盛守くんとその友達のケイタくんだったんです。
重盛守くん(道枝駿佑)は、事件の薬品について父の重盛寿一(高橋克典)からワインが美味しくなる魔法の液体と教えられていました。

それで、友達と一緒に納屋から薬品を持ってきて、ワインが美味しくなるようにとワイン樽の中に入れてしまったんです。

大人たちは子供たちが納屋に入っていくのを見ており、犯人がすぐに子供たちと分かりました。
それで、大人たちは子供の将来を考えて真実を隠そうとしたんです。

重盛守くん(道枝駿佑)は当時4歳だったため自分がワインに薬品を入れたせいで村人たちが亡くなったとはもちろん気づいておらず、その真実を知った時はすごくショックを受け、涙を流していました。

真実を知ってしまった重盛守くんは、ずっとその罪を背負わなければならなくなりました。

最後の結末が良い!

ワイン混入事件の真犯人が子供たちと分かり、なんとも悲しい結末でした。

映画自体は深山大翔(松本潤)のオヤジギャグが冴え渡り、そのギャグがどんなに寒かろうと河野穂乃果(杉咲花)が「はーはっは」と笑い飛ばすという展開もすごく面白かったです。
佐田篤弘(香川照之)が深山初め法律事務所のメンツにコケにされている姿もコミカルでした。

しかし、映画99.9のラスト結末としてはころすけ自身しんみりとしてしまいました。

子供たちの将来を考えると確かに真実を隠したかった村の大人たちの気持ちもわかります。
でもそれで、山本さん家族が悲しい人生を送ってしまったことになりますよね。

自分がワイン混入事件の犯人と知った時の重盛守くんの悲しい顔と涙は忘れられません。

真実がわかった後、天華村には雨が降ってきて、深山は「空が泣いてる」と呟きました。

そして、事件解決後、弁護士事務所の元所長・斑目晴彦(岸部一徳)と深山が真実を解明したことについて会話する場面があるのですが、班目は「嘘で人は救えない」と言っていました。

深山は父親を冤罪で亡くしているので、「嘘で人は救えない」というセリフに重みを感じますね!

映画99.9ネタバレまとめ

この記事では、「99.9映画ネタバレ感想。ラスト結末と犯人は誰?」と題して、映画99.9のネタバレ・あらすじ・感想とラスト結末と犯人が誰なのかお伝えしました。


映画「99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE」は

  • 映画99.9は深山(松本潤)たちが15年前に天華村で起きたワイン毒物混入事件の真犯人を探す話。
  • 深山のオヤジギャグは健在で、見ていると思わず笑ってしまう映画。
  • ラスト結末はしんみりしてしまう場面もある。

という内容です。


本来であれば映画館で見てほしいのですが、このご時世なので映画館に行くのが難しい方もいらっしゃると思います。
DVD化まで待てない方もいらっしゃると思いますので、この記事がそんな方々のお役に立てれば嬉しいです^ ^

ころすけ
ころすけ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. くま より:

    わかりやすい解説ありがとうございます。最後、樽を入れ替えたと言う事は両方の樽に各々違う毒が入っていたという事になるんでしょうか。
    警察は両方の樽を調べなかったんですかね。
    どーしても樽の毒の部分がモヤモヤしてしまって。
    どう思われましたか?

    • ころすけころすけ より:

      コメントありがとうございます^ ^

      この事件はそもそも15年前に天華村で行われたワイン祭り(ワイン収穫祭)で起こりました。

      ワイン樽はもともと建物の前と中の2箇所に置かれていて、子供たちが薬品(毒)を入れたのは建物の前に置かれていた樽でした。
      子供たちが毒を入れていた時にちょうどワイン祭りのための開会式が建物の中で行われていて、子供たちが薬品を入れようとしてても誰も気づかなかったんです。

      開会式のあと村人たちは建物の表に出てきます。
      そして、建物の前に置いてあった樽からワインをついで飲んだ村人4人が亡くなってしまったんです。

      子供たちが薬品を入れたことに気づいた大人たちが、建物の中からもう一つのワイン樽を運んできて、違う薬品(毒物)を入れたということになります。

      事件が起こったのは15年前だったので、当時の技術ではすり替えられた樽の中の毒物とグラスに入っていた毒物は一致するか分からないという結果でした。
      それもあって、深山たちは事件の犯人は別にいるかもしれないと疑問に思って再調査することになります。

      ※わかりにくかったらすみません(・・;)

      映画99.9はとても面白ろかったので、お時間あるようでしたらぜひ映画を実際に見てみてくださいね(^-^)

  2. くま より:

    ご丁寧なコメントありがとうございます。

    映画見たんですがわからなくてモヤモヤしてしまって。

    建物の外にあった樽を建物の中の樽と入れ替えたならば、両方の樽に毒物が入っている事になりますよね。
    警察は外の樽のみを調べて山本を逮捕したのかが気になって。中の樽にも毒が入ってたら山本のアリバイはありますもんね。

    中の樽は毒の入ってない樽に村人が変えたのかもしれませんね。

    詳しくコメントいただきありがとうございました。

    • ころすけころすけ より:

      映画見られたんですね^ ^

      確かに子供たちが毒をいれた方の樽は壊して林に捨てたと言っていましたが、中の樽に代わりのものを置いたのかどうかは描かれていませんでしたね!

      でも映像も残っているし、村人たちが怪しまれないように新しいワイン樽を建物の中に置いたと考えた方が良さそうですね。
      私も勉強になりました!

      質問してくださり、ありがとうございました^ ^

タイトルとURLをコピーしました