名古屋昭和区の顔面骨折の小学校どこ?養護教諭の名前や顔画像を調査!

名古屋昭和区の顔面骨折の小学校どこ?養護教諭の名前や顔画像を調査!エンタメ

7月5日の午後1時過ぎ、名古屋市昭和区の小学校で、小学校5年生の男子児童が友達を負ぶって遊んでいたところ、つまずいて転倒し、顔面を骨折する大けがをしました。


しかし、学校が救急車を呼ぶなどの対応をしていなかったことがわかりました。


この記事では「名古屋昭和区の顔面骨折の小学校どこ?養護教諭の名前や顔画像を調査!」として、名古屋昭和区の顔面骨折の小学校はどこなのか、養護教諭の名前や顔画像を調査した結果をお伝えします。

名古屋昭和区の顔面骨折の小学校どこ?

名古屋市昭和区の小学校で、小学5年生の男の子が目がぼやけていて、焦点があわないことを訴えていたにもかかわらず救急車を呼ぶなどの対応をしていませんでした。


結局、母親が救急車を呼び、顔面骨折の危険な状態だったため、別の病院に移されて目に約3センチのプレートを2枚重ねて入れる緊急手術を受けています。



名古屋昭和区の顔面骨折の小学校の名前や住所はどこ?

名古屋市緊急手術の小学生の通う小学校の名前特定!教師の名前や画像を調査1

学校名の報道はありませんが、外観から滝川小学校ではないかと言われています。

〒466-0826 愛知県名古屋市昭和区滝川町131



自分のお子さんだったらおそらく救急車を呼んでいたであろうに、なぜ救急車を呼ばなかったのでしょうか?


子供の命が最優先であるはずなのに、救急車を呼ぶと何かまずいのでしょうか?
保身?


学校に子供を預けている側としては、このような対応は許せませんね。

名古屋昭和区の顔面骨折の養護教諭の名前や顔画像を調査!

名古屋昭和区の顔面骨折の小学校どこ?養護教諭の名前や顔画像を調査!1

教師の名前も報道されていません。


少なくとも保健室の養護教諭と担任の先生の対応はまずかったと考えられます。

養護教諭の年齢は20代とのことです。



男子児童は現在も入院していて物が二重に見える状態が続いているとのことです。

名古屋市教育委員会のしっかりとした対応を待ちたいと思います。

救急車を呼ぶか判断に迷ったら?

救急車を呼ぶか判断に迷ったら、今では相談できるところもあります。


今回のようなケースが起きないためにも小学校の先生たちも利用してほしいです。


救急出動などをアドバイスしてくれる救急安心センター事業(♯7119)などありますので、全国に浸透すればいいですね。

世間の反応は?

今回の事件に対する世間の反応を集めました。

やはり、なぜ顔面蒼白で児童が訴えているにもかかわらず、救急車を呼ばなかったのか不思議でならないという意見が多かったです。


嘔吐もしているということは脳にも異常があった可能性もあります。



特に、急性硬膜下血腫などになってくると緊急で急いで手術しないと大変危ない状態です。


また、鼻を骨折していれば早急に手術しないと鼻が変形してしまい、一生息がしづらいといったことにもなりかねません。



しっかりと今後の対応を見ていきたいところです。

名古屋昭和区の顔面骨折の小学校どこ?まとめ

名古屋昭和区の顔面骨折の小学校どこ?養護教諭の名前や顔画像を調査!2

この記事では「名古屋昭和区の顔面骨折の小学校どこ?養護教諭の名前や顔画像を調査!」をお伝えしました。


名古屋市緊急手術を行うほど顔面骨折を負った小学生の通う小学校の名前は滝川小学校ではないかと言われています。


教師の名前や顔画像は分かりませんでした。


新しい情報がでしだい、追記します。

5年生の男の子の早い回復を望みます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました