《語学》翻訳アプリPapagoは英語・韓国語の語学学習に最適。発音練習に役立つ!

韓国語
Pocket

どうも、この記事を書いているころすけです。

プロフィールにも書いているんですが、私は英語と韓国語を勉強中です。

私が最近使っている翻訳アプリがあるんですが、これが翻訳精度も高く発音の練習にもとてもいいと思ったので、今日はそのアプリPapagoについて皆さんにもシェアしたいと思います。

この記事で分かること
  • Papagoのダウンロード方法
  • Papagoを使った語学学習法

語学学習に必要なこと

語学学習において“文法”も意味を理解する上で大切とは思いますが、やはり実際にネーティブの発音をまねて自分も同じように発音できるようにならないと聞き取りが難しいです。

あのGACKTさんも、英語の発音が聞き取れないのはネイティブの発音を自分がちゃんと発音できていないからだとご自身のYouTubeで言っていました。
言いかえれば、「自分で発音できる音は聞き取れる」ということ。

私も昔はカフェで勉強するのが好きでしたが、今は家で大きい声を出しながら勉強してます。

ということで、発音練習のやり方は人それぞれと思いますが、Papagoというアプリがなかなか手軽で発音練習に最適だったので、今日はPapagoについて紹介したいと思います!


Papagoのダウンロード方法

Papagoはこのようなアイコンのアプリになっています。

iphoneもアンドロイドも両方対応しています。
もちろん無料です。

Papago - AI通訳・翻訳

Papago – AI通訳・翻訳

NAVER Corp.無料posted withアプリーチ

実際の実践方法


発音練習の方法は簡単です。

①アプリを開く。
②発音練習したい文章を入力する。
③スピーカーマークをクリックしてネイティブの発音を聞く。
ネイティブの発音を何度もまねて練習する。
音声なしにひとりでもきちんとネイティブの速度で音読できるまで練習する。

簡単にまとめるとこのようになります。

これだけでは分からないと思いますので、実際の方法を例に取りながら説明します。

①まずはアプリを開きます。

②アプリを開いたら発音を練習したい文章を入力します。

たとえば、以下の文章の練習を練習したいとします。

”You can reach me by e-mail.

We made a new type’s book in order to reach younger readers.

Our company is going to reach a new market.

The man made an effort to reach sales target.”

この文章を、「翻訳する内容を入力してください」と表示されている部分に入力します。

③スピーカーマークをおして、ネイティブの発音を聞きます。下の画像のようにスピーカーマークがあるので、クリックしてください。

④スピーカーマークを押したらネイティブの発音が流れるので、それを何度もまねて練習します。

⑤速さに慣れてきて、ネイティブの発音と一緒のスピードで発音できるようになったら、文章を見ない状態で一緒に発音できるように何度も何度もまねて練習します。

⑥ある程度できるようになったら音声なしにひとりでもきちんと音読できるようになっているか確認します。

⑦ ⑤と⑥を繰り返します。音声がなくても自分一人だけでネイティブのスピードで音読ができる状態になっていれば終了です。


以上です。
いわゆるシャドーイングという勉強方法になります。


シャドーイングとは、流れる音声のすぐあとについて追うように発音練習することです。
(森のくまさんやかえるの合唱のイメージ)


これ、けっこう口が疲れます(笑)


しかし、実際に声を出して発音する方が頭にも入りやすいと思うので、ぜひ実践してみてください♪

スポンサーリンク

速度とリピート回数(連続再生回数)の変更方法

速度やリピート回数(連続再生回数)は以下の方法で簡単に変更できます。

①メニューをひらく。

②メニューバーが現れるので、”設定”をクリックする。

③設定をクリックしたらこんな画面になるので、”音声再生設定”をクリックします。

④通常設定はこのようになっています。


⑤私の場合は速度を速くして、リピート回数は5回にしています。

⑥設定を終えるとスピーカーマークが×5に変わります。変わったら、5回連続で再生されるようになります。

ご自身にあったスピードと再生回数に設定して、発音練習をしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

Papagoの翻訳性能はどうなのか?

私的にはPapagoは翻訳機能は優秀な方かなと思います。


例えば、先ほどの文章の日本語訳を見てみます。
日本語訳は英語を入力した画面の下にスクロールすると出てきます。

こちらを見て分かる通り、わりと翻訳性能はいいと思います。

ちなみに、日本語は敬語モードにも切り替えることができるので、外国の方が日本語勉強するのにもよさそうですね♪

私は英語のシャドーイングと一緒に韓国語のシャドーイングもしています。

冒頭でも書きましたが、私は英語と韓国語を勉強中です。

わたしは英語だけでなく、同じ意味の韓国語の文章も一緒に翻訳するようにしています。

Papagoの翻訳性能は優秀ですが、やはり韓国語の文法的にもっとこっちの方が自然だなと思った時は自分でちょこっと修正をかける時もあります。
そして、その出来上がった韓国語の文章を英語と同じように発音練習しています。


なので、私は一回の勉強で、英語と韓国語の文章を何度も発音練習しながら一緒に覚えてしまうようにしています。

スポンサーリンク

まとめ

今日はPapagoを使った私の勉強方法について、ご紹介しました。

簡単にまとめると

Papagoを使って、何度もネイティブの発音をまねて声に出して練習しよう!!

そして、ひとりでも自然なスピードで音読できるようになろう!!

といった方法になります。


GACKTさんもYoutubeで言っていましたが、毎日の継続が大事!
この練習方法が正しいのかは分かりませんが、なにより無料だし、無駄ではないと思って、毎日続けているところです(`・ω・´)

わたしもまだまだ勉強中の身!
コロナが落ち着いてまた旅行できるようになった時に少しでも上達しておきたいですしね!

お互いコツコツ頑張りましょう♫

Papago - AI通訳・翻訳

Papago – AI通訳・翻訳

NAVER Corp.無料posted withアプリーチ

ころすけ
ころすけ

最後まで読んでいただきありがとうございました。
少しでも参考にしていただけると嬉しいです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました