3話鹿楓堂よついろ日和ドラマネタバレ感想。椿の過去のトラウマとは?

鹿楓堂ドラマ3話ネタバレ感想。椿の過去のトラウマとは?エンタメ・語学・仕事etc.

ドラマ「鹿楓堂よついろ日和」3話が1月29日(土)に放送されました。

カフェ鹿楓堂では

  • スイ(東極京水)・・・ジャニーズWEST小瀧望
  • ときたか(永江ときたか)・・・葉山奨之
  • 椿(中尾椿)・・・なにわ男子 大西流星
  • ぐれ(グレゴーリオ・ヴァレンティノ)・・・佐伯大地

の4人が仲良く共同生活をしながら、お客さまに美味しい甘味や食事を提供しています。

ドラマ「鹿楓堂よついろ日和」3話では、鹿楓堂メンバーの1人・中尾椿(なにわ男子・大西流星)の過去のトラウマが明かされました。
なぜ中尾椿が鹿楓堂で働くようになったのか、スイとの出会いはどうだったのか気になりますよね!

そこで、この記事では「3話鹿楓堂よついろ日和ドラマネタバレ感想。椿の過去のトラウマとは?」と題して、ドラマ「鹿楓堂よついろ日和」3話のあらすじ・ネタバレをお伝えするとともに、鹿楓堂ドラマ3話をみた方々の感想もお伝えします。

椿の過去のトラウマだけでなく、椿の笑顔の画像ぐれの筋肉画像、また、猫・きなこのかわいい姿もお伝えしていきます^ ^

3話鹿楓堂よついろ日和ドラマネタバレ感想

ドラマ「鹿楓堂よついろ日和」3話のあらすじ・ネタバレと感想をご紹介します。

鹿楓堂ドラマ3話のあらすじ・ネタバレを紹介

和やかな癒し空間の中に、角崎英介(つのざきえいすけ)が現れるところから鹿楓堂3話は始まります。
※()の中は演じられている役者の名前です。

角崎英介、椿にテレビ出演を依頼

角崎英介(白洲迅)抹茶のロールケーキを食べながら不気味な微笑みを浮かべます。

そして、角崎英介は抹茶のロールケーキを食べ終わると、会計時に“パティシエに挨拶したい“と言い出します。
そこで、パティシエの椿(大西流星)が厨房から出てくると、角崎英介は椿に向かって「抹茶のロールケーキ、なかなかおいしかったですよ。これなら合格点かな」と椿の肩を抱きます。

そして、「実は鹿楓堂さんにお願いしたいことがあるんです。」と言い出します。
角崎英介はテレビの仲介業者だと名乗り、椿に人気番組『スイーツコレクション』に出てパティシエ対決をしてほしいというのです。

スイ、椿の様子がおかしい事に気づく

テレビ出演の話を聞いたときたか(葉山奨之)ぐれ(佐伯大地)は、鹿楓堂の宣伝になると喜びますが、椿の様子がおかしい事にスイ(小瀧望)は気付きます。

そして、返事は後日でいいかと言ってくれるのでした。

その夜、スイは椿に「無理してテレビに出る必要もないから」と声をかけますが、椿は「出てもいいよ」と言い出します。

実は椿が店の看板をしまおうとしているところに角崎英介が現れ、「可愛い小さなパティシエさん」と椿を挑発していったのです。


背が低いことをバカにされた椿は「あいつ、チビ扱いしやがって!ぶっ潰してやる!それに鹿楓堂の宣伝になるでしょ?」と言ってテレビに出ることにします。

椿の言葉を聞いたスイ・ときたか・ぐれは、椿の頭を撫でながら“偉いですね!ありがとう!“と言うのでした。

鹿楓堂ドラマ3話ネタバレ感想。椿の過去のトラウマとは?2
引用:鹿楓堂ドラマ公式ツイッター

椿の対決相手は角崎英介!

鹿楓堂のメンバーがテレビの撮影現場に行くと、対決相手として角崎英介が登場します。

なんと角崎英介は、スイの兄・東極八京(藤井流星)が社長を務めるホテル「イーストサイドグランデ」の鬼才パティシエだったのです。

“角崎英介“はパティシエの世界では有名人です。
対戦相手が角崎英介で、さらには人に見られている状況に椿は焦ってしまいます。

そんな状況の中、『イチゴを使った思い出のスイーツ』対決が開始されます。

椿、過去のトラウマを思い出す!

ガチガチに緊張した椿はなんとか平常心を保ってスイーツを作ろうとします。

しかし、そんな椿にリポーターが矢継ぎ早に質問をしてきたため、椿は過去のトラウマを思いだしてしまいます。

椿はかつて和菓子職人のもとで働いていましたが、師匠を怒らせてしまい辞めさせられた過去があります。
椿はお茶会で出す予定だったお餅を勝手に違うお餅に変えてしまったのです。
理由もなく和菓子を変更した椿に師匠は激怒し、「言いたいことがあるならはっきり言えよ。なんで勝手な真似するんだよ!」と椿を怒鳴りつけます。
しかし、椿は言葉に詰まって思うように言い返せず、結局その和菓子店を辞めさせられてしまったのです。

ぐれ、椿のために人肌脱ぐ!

リポーターに矢継ぎ早に質問され、うまく返答できない椿は過去のトラウマを思い出しパニックになってしまいます。

しかし、そんな椿の様子を見たぐれが椿のために人肌脱ぎます。

ぐれは「本日は鹿楓堂のとっておきをお見せいたします。お菓子づくりのために鍛えられたこの上腕二頭筋!」と言って、自分の鍛えられた筋肉を披露し、椿から周りの視線を逸らしてくれたのです。

椿、冷静さを取り戻す!

そんなぐれの様子を見た椿は、冷静さを取り戻します。
そして、スイの方をみて、自分が鹿楓堂で働き出したきっかけを思い出します。

椿が和菓子店を辞めさせられた現場にたまたま居合わせたスイが椿を鹿楓堂に雇ってくれたのです。
椿は鹿楓堂のみんなのためにも美味しいスイーツを作ろうと気を取り直します。

そして、冷静になった椿は再びスイーツを作り始めます。

いちごスイーツ対決の結果は?

角崎英介は“いちごのミルフィーユ“を、椿は“いちごのクリーム大福“を作ります。

椿は作ったスイーツについて「粉雪です!いちごクリーム大福に冬の花を添えています。」と紹介します。

その後、スイーツ対決の結果が発表され、角崎英介が3票、椿が2票を獲得し、椿は負けてしまいます。

しかし、椿は鹿楓堂のメンバーが好きなこと、自分がスイーツづくりが好きなことを思い出すことができたのです。

椿はインタビューで、
「失敗してばっかでお前はダメだって言われ続けて自分は1人だって思ってたけど、鹿楓堂に出会って、ここが僕の居場所なんだなって。鹿楓堂の仲間たちがいてくれたから、僕はお菓子を作り続けることができました。」
と言います。

その言葉を聞いたスイ・ときたか・ぐれは感動し、椿にぎゅっと抱きつくのでした。

鹿楓堂ドラマ3話ネタバレ感想。椿の過去のトラウマとは?3
椿が作った苺のクリーム大福
引用:鹿楓堂公式ツイッター

角崎英介、スイに挑発

椿が大人になったことを喜ぶスイたちにリポーターは「ちなみに店長さん。有名大企業の御曹司だとか。」と言っています。
その言葉を聞いた鹿楓堂のメンバーは固まります。

その後、スイたちが帰ろうとしていると角崎英介が声をかけてきます。

そして、角崎はスイに向かって「たまには電話してあげてくださいね。弟さん」と言うのでした。

椿、スイに感謝を伝える

鹿楓堂メンバーは帰路につきます。

そして、ときたかは椿のリクエストで夕食にナポリタンを作り、4人でナポリタンを食べながらワイワイ話すのでした。

自室に戻ったスイはメガネをしたまま机の上で眠ってしまいます。

そこに椿がやってきます。
椿はスイのために金平糖を作ってきたのでした。

しかし、スイは熟睡中。
椿はスイのメガネをそっと取ってあげます。
そして、椿は去り際に
“なぁ、きなこ〜。御曹司の息子なんて初耳なんですけど。
自分のことは言わないくせに人のことはちゃんと見てるんだよな・・・。
ありがとね。“

とスイに向かって感謝の言葉を伝えるのでした。

角崎英介、八京にパティシエ対決の結果を報告

角崎英介はハイテンションで東極八京のところにやってきて、言いつけどおりパティシエ対決に勝利したことを伝えます。

そして、スイもまた八京と同様、家のことに触れられたくないと思っているようだと伝えます。
八京は角崎英介に「掻き回してほしいつもりと頼んだつもりはないが」と言います。

八京はかつて祖父がお茶を入れてくれ、それをスイと共に眺めていたことや祖父が亡くなった時にスイと交わした言葉を思い出します。
双子ながら今は仲違いしてしまった2人。

2人の過去が気になりますね!

鹿楓堂ドラマ3話の感想を紹介

椿の過去にうるっときた方や椿がスイと出会えてよかったという感想が多かったです^ ^

椿は優しい心の持ち主なのに自分の気持ちを言葉にするのが苦手で誤解されてきた人生だったんだと思います。
そんな椿くんがスイに出会えて本当に良かったと思います!

3話鹿楓堂よついろ日和で椿の過去のトラウマが明かされる!

ドラマ「鹿楓堂よついろ日和」3話では椿の過去が明かされました。

椿とスイの出会いに感動!

椿はかつて和菓子職人のもとで働いていましたが、勝手にお茶会で出すお餅を変更したことで師匠を怒らせクビになりました。


そして椿が和菓子屋から荷物をまとめて出て行こうとすると、スイが話しかけてきます。

スイは椿に「どうして言わなかったんですが?」と言います。

スイもお茶会に参加しており、椿が乳製品アレルギーの子供のためにお餅を変更したことに気づいたのです。

その乳製品アレルギーを持った子供は去年のお茶会でみんなと同じものが食べたいと泣いており、その子供が周りのみんなと同じお菓子を食べれるように、椿は勝手にお餅を変更したのでした。

しかし、椿はそのことを上手く師匠に言い出すことができず、師匠を怒らせてしまったのです。

スイは椿に「あの子とっても喜んでましたよ。お願いしたいことがあるんです。あなたにお菓子を作っていただきたいんです。」と伝えます。


こうして椿はスイに鹿楓堂に連れてこられ、鹿楓堂のお客のためにスイーツを作ります。

出されたスイーツを見たお客の1人が「この花、スノードロップ?手術のことを知っているのかしら?スノードロップの花言葉は希望なのよ」と言い出します。

椿はお客の1人が手術を受けることを知ってり、そのお客のために“希望“という意味のこもったスノードロップをスイーツに使ったのです。
こうして椿の優しさを知ったスイは椿に感謝を伝えます。

しかし、椿はこれが最後のお菓子のつもりだったから申し訳ないと言い出します。
椿は製菓をやめて違う仕事をするつもりだと言うのです。


その言葉を聞いたスイは
「私の店で一緒に働きましょう。
あんなに素敵なお菓子をもう誰も食べれないなんて困ります。
あなたの作るお菓子を一生食べ続きたいです。」

と椿に必死に言います。

そして、“プロポーズみたいになっちゃった。“とスイは焦ります。

そのスイの姿を見ていた椿は思わず笑ってしまいます。

こうして椿はスイの鹿楓堂で一緒に働くことになったのでした!



椿くんがスイーツづくりを諦めないで今も笑顔で鹿楓堂で働き続けれてるのはスイの優しさのおかげでした!
椿を救ってくれたのはスイだったんですね。


2人が出会えて本当に良かったです。
椿とスイの出会いに感動しました!

鹿楓堂3話のぐれの筋肉も紹介

ドラマ「鹿楓堂よついろ日和」3話では、ぐれのスゴい筋肉がテレビの画面に映り、ドキッとした方もいらっしゃるのではないでしょうか・:*+.\(( °ω° ))/.:+

ぐれを演じている佐伯大地さんはガタイがいいとは思っていましたが、着物の下にこんなに鍛えられた胸筋や上腕二頭筋をお持ちとは思いませんでした!

ぐれと言えばチャラいイメージですが、鹿楓堂ドラマ3話では真っ白になってしまった椿のことを優しくフォローしてあげたりと男前な一面も見ることができました♪

鹿楓堂3話の可愛いきなこの画像も紹介

ドラマ「鹿楓堂よついろ日和」3話でもかわいいきなこの姿を見ることができました。

猫のきなこもまた鹿楓堂の癒しメンバーの一員ですね!
きなことスイが向きは違えど同じように寝ている姿がかわいいですね^ ^

<3話>鹿楓堂よついろ日和ドラマネタバレ感想まとめ

この記事では「3話鹿楓堂よついろ日和ドラマネタバレ感想。椿の過去のトラウマとは?」と題して、ドラマ「鹿楓堂よついろ日和」3話のあらすじ・ネタバレをお伝えするとともに、鹿楓堂ドラマ3話をみた方々の感想もお伝えしました。

椿の過去のトラウマだけでなく、椿の笑顔の画像ぐれの筋肉画像、また、猫・きなこのかわいい姿もお伝えしましたがどうだったでしょうか?

ドラマ「鹿楓堂よついろ日和」3話では

  • 椿とスイの出会いが描かれていた。
  • 椿は一度スイーツ職人を辞めるつもりだったが、スイの言葉でスイーツ作りを続ける決心をした。
  • 椿はツンデレだが、鹿楓堂が大好き!
  • スイ・ぐれ・ときたかもまた椿が可愛くてしょうがない。

といったストーリーが描かれていました。


椿とスイの出会いに感動した方も多いのではないでしょうか?
この記事が「鹿楓堂よついろ日和」3話を見逃したり、もう一度どんな話だったか知りたいと思った方のお役に立てたら嬉しいです^ ^

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ドラマ「鹿楓堂よついろ日和」を無料で見る方法はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました