Snow ManのGrandeur(グランドール)の振付師は誰?ダンスがすごいと話題!カップリング曲の魅力も紹介。

Snow ManのGrandeur(グランドール)の振付師は誰?ダンスがすごいと話題!カップリング曲の魅力も紹介。Snow Man
Pocket

どうも、この記事を書いているころすけです。

Snow Manは、2021年1月20日(水)に3rdシングル“Grandeur(グランドール)”を発売しました。タイトル曲含め、すべての楽曲がオススメです。

そこで、この記事では「Snow ManのGrandeur(グランドール)の振付師は誰?ダンスがすごいと話題!カップリング曲の魅力も紹介。」と題して、SnowManの魅力が詰まった3rdシングル”Grandeur”についてご紹介します!

この記事でわかる事
  • 3rdシングル“Grandeur(グランドール)”の振付師は誰?
  • Grandeurの魅力を紹介。
  • カップリング曲の魅力紹介。

Snow ManのGrandeur(グランドール)の振付師は誰?

”Grandeur”の振り付けは、kpopでは有名な振付師のチェ・ヨンジュン先生が担当されています。
ころすけも馴染みのあるTWICEの「What is Love?」や「SIGNAL」などもチェ・ヨンジュン先生の振り付けです。

中学生時代は東方神起のユノと同じダンスチームだったそうです。

チェ・ヨンジュン先生は、もともと韓国のSMAP的存在である神話というグループのバックダンサーを務めていました。
それから、神話のミヌというメンバーからの勧めで、数々のK-POPグループのダンスの振り付けをするようになりました。

TWICEやIZ*ONE(アイズワン)、EXO、SEVENTEENなどの振り付けをこれまでされています。

チェ・ヨンジュン先生の振り付け代表曲
  • TWICE:「What is Love?」、「SIGNAL」など
  • IZ*ONE(アイズワン):「Panorama」「Sequence」
  • EXO:「Diamond(ライブ用振り付け)」
  • SEVENTEEN:「어쩌나 / Oh my!」など


ころすけも大好きなIZ*ONE(アイズワン)の「Panorama」のMVを載せておきます!
チェ・ヨンジュン先生の振り付けはメンバーみんなを主役に魅せてくれるので大好きです(*^-^*)

Grandeur(グランドール)はダンスがすごいと話題!

”Grandeur”の意味壮大さ、壮麗さです。
そんな意味を持つ”Grandeur”ですが、一番の魅力はダンスのシンクロ率です。

”Grandeur”は、Snow Man史上、最高難度のダンスと言われています。しかし、激しいダンスでありながら、そのシンクロ率はすばらしいです!

ころすけも、あんなに激しいダンスを9人という大人数で、ぴったりと揃えて踊っていることにびっくりしました。
YouTubeチャンネルのコメント欄も見ていると、kpopファンの方々からもダンスの揃い方がすごいというコメントをたくさん見つけることができます。


おすすめはこの練習動画♪
9人のダンスのシンクロがよく分かります!!
上は白、下は黒の皮パンツスタイルのセレクトも痺れます(=゚ω゚)ノ!!

フォーメーションが目まぐるしく変わるので、見飽きません。
最後まであっという間に見終わってしまいませんか?

歌詞の内容も、背中を押してもらえるような元気をもらえる内容になっています。
また、途中で登場する康二・ザ・スパイダーも見どころです!

康二・ザ・スパイダーとは、向井康二くんが歌っているときに、他のみんなで手を重ねて蜘蛛の巣を作っているような振り付けのこと

カップリング曲の魅力も紹介。

3rdシングル”Grandeur”に収録されているカップリング曲も侮れません。
ここからは、カップリング曲の” Big Bang Sweet”、”ナミダの海を越えて行け”、” EVERYTHING IS EVERYTHING”についてご紹介します。

カップリング曲 ”Big Bang Sweet”

” Big Bang Sweet”は、” Grandeur”と違って甘~いお菓子のような曲です♪
聴いたイメージは甘ーいチョコレート!
MVもバレンタインのような気分にさせてくれます(発売が1月だったので、ちょうどバレンタインにぴったりでした!)。


カップリング曲 ”ナミダの海を越えて行け”

”ナミダの海を越えて行け”は、背中を押してもらえる曲だと思います。

朝仕事に行く時や疲れている時にやる気も出なくて、どよーんとした気持ちになることあるじゃないですか。そんな時に聞くと、「よし!今日も頑張るぞー」って気持ちになります♫


”ナミダの海を越えて行け”はこちらの記事でもご紹介していますので、良かったら一緒に読んでみてください。

カップリング曲 ” EVERYTHING IS EVERYTHING”

” EVERYTHING IS EVERYTHING”は、SnowManってダンスだけじゃくて、歌も上手いんだなぁとほんとに感じる曲です。

SnowManは滝沢歌舞伎で舞台もしているからか感情の込め方が上手ですよね。
それに、デビューまで苦労しているグループだからか、歌詞に重みを感じます。


まとめ

この記事では「Snow ManのGrandeur(グランドール)の振付師は誰?ダンスがすごいと話題!カップリング曲の魅力も紹介。」と題して、3rdシングル”grandeur”の魅力をお伝えしました。

Grandeur(グランドール)の振付師は韓国で有名な振付師であるチェ・ヨンジュン先生が担当されています。
よくあんな早いダンスの構成を考え付いたものだなぁと思うのと同時に、Snow Manのダンススキルの凄さを感じます!!

カップリング曲もいい曲ぞろいだったのではないでしょうか?

3rdシングル“Grandeur(グランドール)”のコンセプトは、<ひとりじゃないって最強だ>です。
ファンの後押しでどんどん成長するSnow Manの魅力がたっぷり詰まっているCDになっていると思います。

どの楽曲を聴いていても元気をもらえる曲だと個人的には感じました。

Snow Manは、デビュー1年目にして紅白出場が決まっていましたが、メンバーの一人がコロナにかかり紅白に出ることができませんでした。
初出場だっただけにメンバーも悔しい思いをしたと思います。
最年少のラウールがYoutubeチャンネルでも紅白出場を嬉しそうに話していたので、ころすけも残念に最初は思いました。

でも、そこで発想の転換!
逆にそのニュースでSnow Manに興味をもった人も多いと思います。

ころすけの母もコロナで出れなかったグループという認識はあったみたいなので、しっかりSnow Manについて語っておきました(笑)

ここ最近は特にSnow Manをテレビで見る機会も多くなっているし、紅白出場断念という逆境を力に変えて、これからSnow Manはもっともっと活躍するグループになるんだろうな〜と感じている今日この頃です。

ころすけ自身、このコロナ禍で大好きな韓国や旅行にも行けなくて、友達にもなかなか会いづらくなり、でも仕事には行かないといけない状況でどよーんって気持ちになることもありますが、Snow Manの歌を聴いて元気出していこうと思います(`・ω・´)!!

SnowManよ、ありがとう♪

ころすけ
ころすけ

Snow Manについて語りましたが、あくまで個人の意見であります。
温かい目で見ていただけると嬉しいです♪
最後まで読んでいただきありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました