束の間の一花のトマトの意味は?萬木先生の過去やカレー好きな理由を紹介!

束の間の一花のトマトの意味は?萬木先生の過去やカレー好きな理由を紹介!エンタメ・犬・語学etc.

「束の間の一花」タダノなつさんの漫画です。



2022年10月からはSixTONESの京本大我さん藤原さくらさんによってドラマ化も決定しています。



ドラマ「束の間の一花」の脚本には”トマト”が描かれているのですが、このトマトには意味があります。



そこで、この記事では「束の間の一花のトマトの意味は?萬木先生の過去やカレー好きな理由を紹介!」と題して、

  • 「束の間の一花」のトマトの意味は何?

  • 「束の間の一花」の萬木先生の過去には何があった?

  • 「束の間の一花」の萬木先生がカレーが好きな理由とトマトとの関係は?

をお伝えします。

束の間の一花のトマトの意味は?

ドラマ「束の間の一花」の台本には”トマト”が描かれています。


この”トマト”はドラマでも重要な意味があるんです。


トマトにはどんな意味が隠されているのかお伝えします。

束の間の一花のトマトの意味を紹介!

SixTONESの京本大我さんが演じる萬木昭史ゆるぎ あきふみ先生大学の哲学講師です。

萬木先生の小さい頃から萬木家では家庭菜園をやっていて、とれた野菜をお昼ごはんにみんなで食べていました。



そして、それが萬木先生にとって束の間の幸せだったんです。



萬木先生は小さい頃からの癖でマンションのベランダでミニトマトを大事に育てていました。



しかし、萬木先生は病気が発覚し、余命を告げられてしまいます。



やっと小さい頃からの夢だった”先生”になれた萬木先生でしたが、いきなり余命を宣告され大学の先生も続けられなくなってしまいます。



自暴自棄になってしまった萬木先生は家のマンションのベランダで育てていたミニトマトもお隣さんにあげてしまいます。



萬木先生にとって”トマトを育てる”ことは束の間の幸せの象徴だったので、自宅からトマトがなくなってポッカリ穴が空いてしまったような気持ちになります。

”トマト”はドラマ「束の間の一花」の中で”身近な束の間の幸せ”を象徴していると考えられます。

束の間の一花の萬木先生の過去やカレー好きな理由を紹介!

  • なぜ萬木先生がここまで”トマト”を大事にするのか

  • なぜ萬木先生がカレーが好きなのか

萬木先生の過去に関係しています。



なので、ここからは萬木先生の過去についてお伝えします。

萬木先生の過去には何があった?

萬木先生は家族仲の良い家庭で育ちました。



しかし、萬木先生が大学生の時に両親と祖母をいっきに亡くしてしまい、天涯孤独になってしまったんです。



萬木先生は小さい頃から”先生”になるのが夢で、家族も萬木先生が先生になることをずっと応援してくれていました。



そのため、萬木先生は家族を亡くしてから”先生になる”ことだけが生きがいだったんです。



こうして萬木先生は猛勉強し、大学の哲学講師になることができました。

萬木先生の過去とトマトとの関係は?

萬木先生は小さい頃から家族と家庭菜園をしていて、ベランダでトマトも育てていました。



大学生の時に家族をいっぺんに亡くした萬木先生にとってトマトを育てることは、子供の頃からの癖でもあり、また、家族との思い出に触れることでもあります。



なので、萬木先生は哲学講師になった後もベランダでトマトを育てていました。

萬木先生がカレーが好きな理由は?

萬木先生がカレーを好きな理由は萬木先生の母親がよく作ってくれていたからです。

萬木先生が好きなカレーとトマトとの関係は?

萬木先生の母親が作ってくれていたカレーには家庭菜園で採れたトマトも入っていました。



「束の間の一花」の中で一花がカレーを作るシーンがあるのですが、ここでも”トマト”は重要な役目を持っています!



あまり書くとネタバレになってしまうので詳しくは書きませんが、別の記事にネタバレを書いています。


ネタバレを知りたい方はご覧ください!



>>束の間の一花のネタバレはこちら

萬木先生役の京本大我はトマト好き!

ドラマで萬木先生を演じる京本大我さんは大のトマト好きです。




漫画の萬木先生は”トマトは育ててるけど、トマトがそこまで好きなわけではない”という設定ではあるのですが・・・



トマト好きな京本大我さんがトマトが重要なドラマの主役をするって凄いことですよね!

束の間の一花のトマトの意味とカレー好きのまとめ

この記事では「束の間の一花のトマトの意味は?萬木先生の過去やカレー好きな理由を紹介!」と題して、

  • 「束の間の一花」のトマトの意味は何?

  • 「束の間の一花」の萬木先生の過去には何があった?

  • 「束の間の一花」の萬木先生がカレーが好きな理由とトマトとの関係は?

をお伝えしました。



「束の間の一花」のトマト”束の間の幸せ”の象徴だと考えられます。



萬木先生の家では小さい頃からトマトを育てていて、萬木先生のお母さんはトマト入りのカレーをよく作ってくれていました。



萬木先生にとって”トマト”家族との思い出が詰まった”束の間の幸せ”の象徴だと考えられます。



萬木先生は余命を宣告された後にこの”トマト”を手放してしまいます。



<この一度離れてしまった”トマト”が一花が現れたことでどう変わるのか>ドラマの注目ポイントです!



ドラマの放送が楽しみですね♪


>>萬木先生や一花の病名はこちら

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました