イーアルサンスー(おそ松さん歌詞)の意味は?SnowManブラザービートになぜ中国語なの?

イーアルサンスー(おそ松さん歌詞)の意味は?SnowManブラザービートになぜ中国語なの?CD・アルバム・雑誌

SnowMan6枚目のシングル「ブラザービート」は映画「おそ松さん」の主題歌です。

その「ブラザービート」の歌詞の中に“イーアルサンスー“という歌詞があり、めちゃくちゃ頭に残ります。

でも“イーアルサンスー“ってなんだ?と思った方も多いのではないでしょうか。
実は“イーアルサンスー“は中国語なんです。

そこで、この記事では「イーアルサンスー(おそ松さん歌詞)の意味は?SnowManブラザービートになぜ中国語なの?」と題して、映画「おそ松さん」の主題歌「ブラザービート」の中の“イーアルサンスー“の意味は何かご紹介します。

また、なぜSnowManの6枚目シングル「ブラザービート」の歌詞の中に中国語が出てくるのかも考察しましたのでお伝えします!

イーアルサンスー(おそ松さん歌詞)の意味は?

深澤辰哉ことふっかさんの最初のイーアルサンスーは15秒あたり。そして、1分33秒あたりにメインで登場します。

SnowMan6枚目のシングル「ブラザービート」の歌詞を見ているととても楽しくて元気になる曲ですよね♪
その中でも“イーアルサンスー“の歌詞がすごく頭に残ります。

実はイーアルサンスーは中国語の1、2、3、4を表しています。

  • 1(一)・・・yī (イー)
  • 2(二)・・・ èr (アル)
  • 3(三)・・・sān (サン)
  • 4(四)・・・sì (スー)

イーアルサンスーはどんな歌詞で登場?

歌詞の中の“イーアルサンスー“一松役の深澤辰哉さんことふっかさんが歌っています。

<ブラザービートのイーアルサンスーの歌詞>

イーアルサンスー イーアルサンスー
俺の感性×スター性の未知なる算数・・・


※詳しい歌詞・歌割りはこちらの記事で紹介してます。

一松はひねくれた性格ですが、実は兄弟のことを1番大事に想っていて、中でもすぐ下の弟の十四松(佐久間大介さん)とはとても仲が良いという設定です。
てっきり一松の口癖に“イーアルサンスー“があるのかと思いましたが違いました。
原作漫画の「おそ松さん」にもイーアルサンスーというセリフは出てきません。

また、実写映画をころすけも見てきたのですが、特に一松役のふっかさんがイーアルサンスーというセリフを発することはありませんでした。


ということで、なぜ歌詞の中にイーアルサンスー(1・2・3・4)が出てくるかはわかりません。
ただおそ松さんは6人兄弟で本当は1から6まで歌詞に入れたかったけれど長いため、キリがいい“イーアルサンスー(1・2・3・4)が歌詞に盛り込まれたのかもしれません!

イーアルサンスーの意味を考察!

SnowMan実写映画「おそ松さん」の中で深澤辰哉さんことふっかさんが演じる一松は、お金持ちの老夫婦の養子にふさわしい人物になるために就職をしようと決意し、あらゆる企業に就職しようと努力をし出します。

他の6つ子の中には、メジャーリーガーを目指したり、強い男になろうとしたり、女の子と喋れるようになろうとしたり・・・
ちょっと的外れなことをしている兄弟もいる中、一松は就職という真面目な方法を目指しました。



イーアルサンスー イーアルサンスー
俺の感性×スター性の未知なる算数・・・


という歌詞には“算数“と入っているので、この歌詞を聴くと一松ってちょっと頭が良いのかなと感じます。

なので、「イーアルサンスー(1・2・3・4)イーアルサンスー(1・2・3・4)」がブラザービートの歌詞に登場する意味は

  • 6つ子(1・2・3・4・5・6)を表しかったけれど長すぎて語呂が悪いので、イーアルサンスー(1・2・3・4)にして6つ子を表した。

  • 一松の賢さとスター性(将来の可能性)を算数で表した。

  • 同時に、一松以外の6つ子のスター性(将来の可能性)も算数で表した。


のかなぁと個人的には考えました!



SnowManはみんな歌が上手いですが、中でもハモリを担当することの多いふっかさんは歌番組によっては尺の関係でたくさん映らないことも多いのが個人的には寂しいなぁと思っていました。
けれど、このブラザービートではふっかさんが「イーアルサンスー(1・2・3・4)」を歌って存在感を示しているので、嬉しいなぁと思います^ ^

SnowManブラザービートになぜ中国語なの?

そもそもなぜSnowManのブラザービートの歌詞に中国語が出てきたのか・・・
不思議ですよね。

その理由の1つとしてSnowManが世界発信に向けて中国語を習っていることも関係していると考えられます。

SnowManといえばグローバルなグループを目指して、メンバー全員で中国語を勉強しています。
SnowManが中国語を勉強していることに関連して、SnowManが表紙の中国語の教本(中国語スタートブック)も発売されているぐらいで、SnowManは現在も中国語を勉強中です。

勝手な想像ですが、SnowManが1番最初の方に習った中国語は“イーアルサンスー“で、メンバーにも馴染みのある言葉なのではないかなぁと思います。

いずれにせよ、SnowManは中国語版SNS(weibo)もしていますし、歌詞に中国語の“イーアルサンスー“があると中国や台湾のファンも嬉しいでしょうね^ ^

SnowManが中国語を勉強し始めたきっかけは?

SnowManが中国語を勉強するようになったきっかけは、(コロナで中止になってしまったものの)2020年に決まっていたアジアツアーです。

SnowManの目標にアジア圏を含めた海外に進出するというものがあり、2019年の秋から中国語の勉強をスタートしたそうです。

週1回の中国語の授業を受け、さらにはHSKという中国語の資格試験も受けているSnowMan。


ころすけは中国語を少しだけ学んだことがあるのですが、同じ漢字の表記でも発音の仕方で意味が変わるので、中国語は発音が難しいです・・・
そんな難しい中国語を仕事がめちゃくちゃ忙しい合間に学んでるSnowManって本当にすごいと思います!

SnowManが表紙の中国語スタートブックを紹介!

SnowManが表紙の「中国語スタートブック」には中国語を勉強しているSnowManのインタビュー記事が載っているだけでなく、中国語版SNS(Weibo)の活用方法や中国語の勉強方法が載っています。

ころすけは中国語はできませんが、「中国語スタートブック」のSnowManのインタビュー記事を読むだけでも面白いです(笑)

「中国語スタートブック」には

  • あべちゃん向井康二くんだて様のインタビュー
  • めめ・佐久間くんしょっぴーのインタビュー
  • ふっかさんラウール岩本くんのインタビュー

がそれぞれ載っています。

SnowManが出ている中国語の教本「中国語スタートブック」のインタビューの中で、佐久間くんが1番先生に分からないながらも質問するので場が盛り上がると言っていました。
また、阿部ちゃんによると、目黒蓮くんの漢字の能力が上がっていて自分も知らない中国語を知っていたりするからびっくりすると言っていました!

ころすけは中国語スタートブックを持ってるので、これを読んでSnowManに励まされながら中国語をの勉強をまた頑張れるかな〜と思っている今日この頃です(笑)

それにしてもSnowManのおかげで“イーアルサンスー(1・2・3・4)“は覚えることができました!
ブラザービートに感謝です♪


※ブラザービートの作詞作曲者は誰なのか気になる方はこちらの記事に書いてありますので、興味のある方は覗いてみてくださいね^ ^

イーアルサンスー(おそ松さん歌詞)の意味まとめ

この記事では「イーアルサンスー(おそ松さん歌詞)の意味は?SnowManブラザービートになぜ中国語なの?」と題して、映画「おそ松さん」の主題歌「ブラザービート」の中の“イーアルサンスー“の意味なぜブラザービートの歌詞の中に中国語が出てくるのかをお伝えしました。

  • イーアルサンスーは中国語

  • イーアルサンスーは中国語で“1・2・3・4“の意味。

  • 6つ子(1・2・3・4・5・6)を表しかったけれど長すぎて語呂が悪いので、イーアルサンスー(1・2・3・4)にして6つ子を表した可能性。

  • 一松の賢さとスター性(将来の可能性)を算数で表した可能性。

  • 同時に、一松以外の6つ子のスター性(将来の可能性)も算数で表した可能性。

  • <結論>なぜブラザービートの歌詞にイーアルサンスーが出てくるのか分からないが、SnowManが中国語を勉強していることに関係しているかも!

映画公開は3月25日(金)、CD発売は3月30日(水)です。
テレビなどでも「ブラザービート」がたくさん流れていますよね^ ^



深澤辰哉さんことふっかさんが歌う


“イーアルサンスー イーアルサンスー 
俺の感性×スター性 未知なる算数“



の歌詞にもぜひ注目しましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました