プロミスシンデレラ原作漫画最終回完結ネタバレ。結末はハッピーエンド?

プロミスシンデレラ原作漫画最終回完結ネタバレ。結末はハッピーエンド?エンタメ

「プロミス・シンデレラ」は、バツイチアラサー女・早梅(はやめ)と性悪男子高校生・壱成(いっせい)が繰り広げるドタバタラブコメディーです。


ドラマでは、「二階堂ふみさん演じる早梅の表情がかわいい」「眞栄田郷敦さん演じる壱成がかっこいい」と話題でした(*^^*)


原作漫画は続いていたのですが、つい最近原作漫画も完結しました。


そこで、この記事では「プロミスシンデレラ原作漫画最終回完結ネタバレ。結末はハッピーエンド?」と題して、プロミス・シンデレラの原作漫画の最終回ネタバレをお伝えします。

結末はハッピーエンドだったのか気になっている方の参考になれば嬉しいです!



漫画を無料で読む方法や安く読む方法はこちらの記事に詳しくまとめています。

プロミスシンデレラ原作漫画最終回完結ネタバレ

「プロミス・シンデレラ」はついに完結を迎えました。

さっそく最終回ネタバレをご紹介します。

プロミスシンデレラの最終回ネタバレを紹介

片岡旅館の経営が傾いているとの噂があり、天馬という金持ちの男が片岡家に援助を申し出ます。

しかし、片岡成吾はその申し出を断ります。
諦めきれない天馬は片岡旅館に自分の秘書である九重澪を仲居として送り込みます。


天馬は自分に媚びない早梅に恋心を持ちますが、早梅はやっぱり壱成が好きと気付き天馬をフリます。

壱成のことを好きと気づいた早梅。
しかし、壱成との年齢差が気になり、壱成がいつか違う女性を好きになるかもしれないという不安が消えません。

早梅は壱成と両思いとわかった後もその不安が消えず、壱成が18歳までは清い関係でいることを宣言します。




そんな中、片岡旅館のよくない噂がネットで広まります。

天馬は秘書の九重澪に誰の仕業なのか探りを入れさせます。
こうして九重澪は旅館で仲居として働き出します。
仕事ができる九重澪は旅館でもキビキビと働きます。
そして、片岡成吾は自分にも媚びない澪に惹かれていき、澪も片岡成吾に惹かれていきます。



しかし、天馬は澪に日本ツアーズという旅行代理店に転職するように命令します。
天馬は片岡旅館のよくない噂を流した人物が旅行代理店の徳川義寛ではないかと勘づき、探りを入れさせます。



徳川義寛は片岡旅館のマヒロをも取り込み、片岡旅館を潰しにかかります。
しかし、マヒロは天馬の方に寝返り、また、マヒロの呼び出しで菊乃も登場します。
マヒロと菊乃の協力タッグで、ついに徳川義寛の正体が露わになります。



徳川義寛の目的は、壱成の父親(成治)母親(睦月)に復讐することだったのです。

かつて徳川義寛は片岡旅館で働いており、自分が社長になるものだと思っていました。
しかし、片岡成治が旅館の社長に就任してしまいます。
徳川義寛は金目当てだった妻に離婚を突きつけられてしまいます。


そんな時に、旅館で働いていた壱成の母である睦月に恋をします。
しかし、睦月は成治と結婚してしまいます。



そこで、徳川は二人の仲を壊すため旅館や睦月のよくない噂を流し、睦月は精神的に壊れてしまうのです。


精神的にどんどん追い詰められていった睦月は、母親として妻として何もできないと感じ絶望し、片岡家から早く出なくては子供たちをも不幸にしてしまうと感じます。


そして、睦月は片岡家を出ていく時に抱きついてきた壱成に思わず「あんたなんかいらないのよ」と言ってしまうのです。

その言葉を聞いた壱成はその後どんどん荒れていってしまうのでした。



その話を聞いた壱成は徳川義寛に殴りかかります。
こいつのせいで家族がめちゃくちゃになったと思った壱成には徳川のことが許せなかったのです。
しかし、早梅のことを思い殴りかかるのを思いとどまります。

代わりに成吾が一発、徳川を殴ります。
逃げ出した徳川ですが、父親の成治が警察を呼んでおり、徳川は逮捕されるのでした。



壱成と成吾の母親である睦月は、壱成を抱きしめます。
睦月は“あなたをいらない“と言ったのは早く家を出たくて、あなたから離れないと思ってついた嘘だった“と謝ります。

そして、“あなたのことが何より大事で愛している“と伝えます。

その言葉を聞いた壱成は涙を堪え切れず流します。



一件落着。

しかし、早梅の姿が見えません。
父が危ない状態という電話が入り、早梅は実家に行っていたのでした。

早梅の父は肺気腫で危ない状態で意識不明で運ばれていたのですが、目を覚ました途端家に戻っていたのです。
心配した早梅ですが、そんな早梅を父親は突き放します。


そこに壱成がやってきます。
成吾に住所を聞いた壱成は早梅を助けにきたのです。

壱成は父親の態度から、昔の母親の態度と重なるものを感じます。
早梅の負担になりたくないからわざと早梅を突き放しているのではないかと思ったのです。


“出ていけ“と包丁を持ち出してきた父親に、壱成は“また来ます!“と言って早梅と家を飛び出します。


早梅は父親を突き放すことができない自分に嫌気がさし、壱成から離れようとします。
しかし、壱成はそんな早梅に真正面からぶつかります。


壱成は

俺と一緒になったら親のこととか年の差だとかバツイチだとか
悩んでるヒマがないくらいに楽しい思いをさせてやるよ。


年の差も悪いことばっかじゃねーと思うけど。


今日から一緒に年取って

もうやり残したことがなくなったら一緒に死のうぜ。



と早梅に言い、指輪を渡します。


その言葉を聞いた早梅も覚悟を決めます。


こうして、早梅は壱成にきちんと“好き“と伝え、二人は結婚するのでした。


5年後・・・


片岡旅館は社長の成吾副社長の壱成が盛り立て、繁盛しています。

成吾は澪と結婚し、成也という子供もいます。


そして・・・
早梅と壱成にも子供ができて・・・
幸せに暮らすのでした(完)


その後、壱成と早梅には女の子が生まれます^ ^

女の子ということで壱成がメロメロになってそうですね(笑)

ドラマは漫画の何話までの話だった?

ドラマ最終回では、菊乃によって監禁されてしまった壱成を早梅が無事に救出します。
そして、早梅が壱成に思いを伝え、2人が結ばれるというハッピーエンドで終わりました(*^^*)

漫画ではどのシーンにあたるのでしょうか?

  • 菊乃との決着シーン・・・漫画の第61話まで。
  • 早梅が壱成に気持ちを伝え、壱成と両想いになるシーン・・・第72~第74話あたり。

実はドラマでは描かれていませんが、菊乃の暴走が決着した後、原作漫画では天馬という男が登場します。


早梅・壱成・天馬という三角関係の物語が第62話から始まり、早梅と壱成が結ばれるまでにまだまだ苦難がある展開になっています。



ドラマでは描かれていない早梅・壱成・天馬の話が見たい方はぜひ原作漫画も読んでみてほしいです(*^^*)

プロミスシンデレラ結末はハッピーエンド?

プロミス・シンデレラの原作漫画も完結を迎えました。

壱成と早梅は結婚し、子供もでき、見事ハッピーエンドな結末で完結しました。

現在は、番外編が書かれており、あと数話続く予定です。

番外編が出る日です。

  • 4月4日
  • 5月2日
  • 5月30日
  • 7月11日
  • 8月1日

番外編では壱成と早梅の初夜成吾と澪が付き合う時の話が描かれています♪




原作漫画を安くイッキに読む方法を紹介!

ここまでネタバレ記事をお伝えしましたが、せっかくなら原作漫画も読んでみたくないですか^ ^
絵で見るとより面白いですよ!


残念ながら全巻無料で読む方法はないのですが、電子書籍のebook japanでは今だけ限定で初回ログイン時に漫画全巻半額クーポンが配布されるキャンペーンを実施しています。


しかも、このお得なクーポンは6回まで使うことができるんです。


なのでebook japanの半額クーポンを利用すれば、「プロミス・シンデレラ」を1巻あたり半額の346円で読めちゃうんです。



プロミス・シンデレラ1冊は693円(税込)なので、通常なら15巻10,395円かかるところ今なら15巻5,197円で買えちゃうんです。
つまり、5,197円もお安くなるんです!


めっちゃお得!



ころすけもebook japan愛用者なので分かるのですが、他の漫画アプリより読み込むやめくるスピードも速いのでストレスなく読めます♪



また、ebook japanでは毎週のように半額セールやお得なクーポンを配っていてお得感が半端ないです!



ちょっとでもプロミスシンデレラの漫画を実際に読んでみたいなぁと思った方は、ぜひebook japanの半額クーポンキャンペーンが終わらないうちにチェックしてみてくださいね^ ^

今なら5,197円もお得!!

プロミスシンデレラ原作漫画最終回完結ネタバレまとめ

プロミスシンデレラ原作漫画最終回完結ネタバレ。結末はハッピーエンド?1

「プロミスシンデレラ原作漫画最終回完結ネタバレ。結末はハッピーエンド?」と題して、プロミス・シンデレラの原作漫画の最終回ネタバレをお伝えしました。


原作漫画「プロミス・シンデレラ」は最近完結を迎えました。

早梅と壱成は見事、年の差を乗り越え、結婚し、女の子が生まれました。
結末はハッピーエンドと言えるでしょう♪

この記事が二人の結末が気になっていた方の参考になれば嬉しいです。

ころすけ
ころすけ

最後まで読んでいただき有難うございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました