束の間の一花ネタバレ最終回まで。ドラマ結末はハッピーエンドか原作を元に紹介!

束の間の一花ネタバレ最終回まで。ドラマ結末はハッピーエンドか原作を元に紹介!エンタメ・犬・語学etc.

ドラマ「束の間の一花」が2022年10月より始まります。


「束の間の一花」の原作はタダノなつさん漫画です。


ころすけは原作漫画の「束の間の一花」も読んでいるので、ドラマ化されると聞いて今から楽しみです!


そこで、この記事では「束の間の一花ネタバレ最終回まで。ドラマ結末はハッピーエンドか原作を元に紹介!」と題して、

  • ドラマ「束の間の一花」の原作をもとに1話から最終回までのネタバレ

  • ドラマ「束の間の一花」の結末はハッピーエンドなのか?

をお伝えします。



ドラマと原作漫画で異なる部分もあるので、ドラマ放送後に内容は随時更新させていただきます!



ちなみにドラマ「束の間の一花」Huluで配信しています。


今なら2週間無料トライアルを実施しているので、見逃した「束の間の一花」を1話からタダでイッキ見することもできますよ♪


束の間の一花を見れるのはHuluだけ

Hulu<フールー>

束の間の一花ネタバレ1話から最終回まで

「束の間の一花」は大学講師・萬木昭史ゆるぎ あきふみとその生徒・千田原一花せんだわら いちかのお話です。


萬木昭史SixTONESの京本大我さん千田原一花藤原さくらさんが演じます。


さっそく「束の間の一花」のネタバレを1話から最終回まで原作漫画を元にお伝えします。




※原作漫画を元に記載しています。


ネタバレにご注意ください。


ドラマの放送後に最新内容に更新します。





キャスト一覧と相関図はこちら

束の間の一花ドラマ1話ネタバレ・俺たちの一生は束の間だ

千田原一花(藤原さくら)は大学1年生になったばかり。



一花は大学の初登校日に萬木昭史ゆるぎ あきふみ先生(京本大我)と出会います。



最初の出会いは駅の改札口


萬木先生は一花の落としたパスケースを拾ってくれたのです。




そして、その後で一花は大学が広すぎて迷子になってしまいます。



すると、そこに萬木先生が偶然現れ、一花のために自分の授業を後回しにして案内してくれたのです。



一花が謝ると萬木先生は「責任を感じて欲しくないな。どうせなら喜んでくれよ」と言ってくれたのでした。




そこから一花は萬木先生の人柄に惹かれ、萬木先生の哲学の授業を専攻します。



一花は萬木先生の哲学の授業を受けるのが幸せで、萬木先生の研究室まで遊びに行ったり・・・



萬木先生も一花が熱心に哲学の質問をしてくるので、面白い学生だと思うようになります。



こうして萬木先生と幸せな時間を過ごしていた一花は大学2年生になっても萬木先生の講義を受けたいと言います。




しかし、いっけん明るくて元気いっぱいの一花ですが、実は体に爆弾を抱えているのです。

一花は高校2年生の時に病気が発覚。

一花は病院の先生からは「もって2年でしょう」と宣告されましたが、すでにあれから3年が経ち、大学1年生になっていました。

余命宣告を受けた一花は周りに迷惑がかかるのを嫌に思い、家族以外の誰にも病気のことを言わないで過ごしていました。


高校卒業と同時に病状は悪化していましたが、一花は普通に大学を受験し、大学生活を送ることに決めます。


一花にとって萬木先生の授業を一番前で受けたり、萬木先生と話をすることが生きがいになっていたのでした。



>>一花の病名はこちら
(萬木先生の病名ネタバレもあるのでご注意ください)

束の間の一花ドラマ2話ネタバレ・奇跡は起こる

一花とゆるぎ先生は雪だるまを作ったりして、束の間の時間を穏やかに過ごしていました。



しかし、萬木先生は一花に何も言わず突然大学を辞めてしまいます。



生きる希望だった萬木先生が突然一花の前から姿を消してしまったのです。



すっかり一花は元気を無くしてしまいます。



一花は録音していた萬木先生の授業を何度も何度も繰り返し聞いて、先生との思い出に浸るのでした。

それからしばらく経ち一花が大学2年生になった夏。


大学の帰りに一花は偶然、萬木先生を駅で見かけます。



一花はもう一度萬木先生と話がしたいと思い、必死に追いかけます。



萬木先生は一花のことを覚えていてくれ、「突然大学を辞めて悪かったな」と言います。



一花は萬木先生と話したいと思い、カフェに誘います。



そして借りていた本を萬木先生に返し、「同じ時代に生きてるってそれだけで凄いことなんですね」と伝えます。



一花は萬木先生からなんとか連絡先を聞き出します。




しかし、萬木先生は「いつまで繋がるかわからないよ?」と言います。



「俺、死ぬんだってさ。くたばり損ないってやつさ・・・」と言います。




余命宣告を受けている一花の生きる希望だった萬木先生もまた、余命宣告を受けていたのでした・・・。

萬木先生の秘密を知った一花は何も言うことができず、そのまま店を出ます。





しかし、一花は


”萬木先生は私に潤いをくれたんだ”


”どんなに頑張ってもこの恋は死んでしまうの? そんなのは嫌だ”


と思います。




そして、一花は萬木先生に「私、先生のことがずっと出会った時から好きなんです!」と告白します。




しかし、思いを告げた一花はいろんな思いが溢れ出て、その場から逃げ出してしまうのでした。


一花が借りていた本の名前は?

一花が萬木先生から借りていた本の名前は「ゲイルズバークの春を愛す」です。

束の間の一花3話ネタバレ・くたばり損ない同士

ゆるぎ先生は家に帰ってくると、一花が自分の研究室で本当に自分の哲学の講義を受けたがっていたことを思い出します。



しかし、ゆるぎ先生は余命を告げられた身。


気持ちは沈んでいくのでした。



一方、一花は


”勢いで告白したこと”


”先生は生きがいであること”


”自分も先生も病気のこと”


など一晩中考えていると、頭の中がパンク状態になってしまいます。




そこで、一花は弟の千田原大樹だいき(佐々木大光/7MEN侍)に相談します。




大樹は「将来性のない恋は諦めろ。その生きがいが先になくなったら、姉ちゃんまでいなくなりそうじゃん。」と痛いところを突いてくるのでした。




しかし、一花は「そっか。わたしも先生の生きる希望になればいいんだ。大丈夫、この恋は死なない!」と言います。




そう言う姉を見て、大樹は呆れてしまいます。




すると、そんな時に萬木先生から「もう一度話しましょう」と連絡が来ます。




一花は萬木先生から連絡が来たことに嬉しくなってしまうのでした。






萬木先生と一花は水族館にやってきます。


たわいもない会話をする2人。



一花は水族館の魚を見ながら、「人魚姫は300年生きることよりも王子様と生きる1年を取ったんです。」と話します。



そして、「人魚姫は束の間でも幸せだったと思います。」と伝えます。



はしゃぐ一花に萬木先生は何か言いたげですが、一花の勢いになかなか言い出せません。




こうして萬木先生は一花と過ごしながら、かつての一花の言動を思い出します。




楽しい時間を過ごした萬木先生と一花でしたが、萬木先生は「会うのは最後にしよう。」と言います。



萬木先生は「俺のことは忘れて幸せになってほしい。」と言うのです。






納得のいかない一花は


「先生に出会えたから笑って生きられるようになったんです。先生のいない人生にこれからなんてないです。」


と言います。




「なんでもうすぐ死ぬ自分にそこまで言える?」と言う萬木先生。




すると、一花は萬木先生の目を見ながら「先生が死ぬほど好きだからです。」と伝えるのでした。




束の間の一花4話ネタバレ・この恋に未来なんてない

一花の言葉を聞いて、萬木先生は「もう会わないは言いすぎた。また会おう」と言ってくれるのでした。



萬木先生は家に帰ると、隣人の山根恵子にあげてしまったミニトマトのことを思い出していました。



そこに大学時代の交通研究会の先輩・柿ピー先輩がやってきます。



柿ピー先輩は嫁の愚痴を言い、嫁に捨てろと言われた車のハンドルを押しつけ、酔っ払って寝てしまいます。



そこに一花から連絡があり、再び萬木先生は一花と会うことになります。



ゆるぎ先生は一花に”千田原さんなら車のハンドルどうする?”と聞きます。



すると、ゆるぎ先生は宮古島に行きたいと言います。



一花は車のハンドルでまるで宮古島に行ったかのようにゆるぎ先生を案内します。



一花は他に行きたいところはないか聞きます。



すると、ゆるぎ先生はランゲルハンス島に行きたいと言います。



一花はランゲルハンス島はバカンスのできる島と勘違いし、再びゆるぎ先生を車のハンドルで案内するのでした。


※ランゲルハンス島からゆるぎ先生の病名がわかりました。
>>ゆるぎ先生の病名はこちら



それから一花は萬木先生とデートをするようになり、楽しい時間を過ごします。



そして、ある日、一花はカレー好きの先生のために「今度、カレーを作りに行きましょうか?」と提案します。



萬木先生は


「千田原さん、俺を誘ってくれてありがとう。


おかげで最近は生き生きしてるよ。



カレーにしても、俺に未来の約束ができるなんて思ってもいなかった。


でも、俺がいずれいなくなった時に千田原さんを悲しませる原因になるんじゃないのかと考えてしまうんだ。」



と言います。






一花は


”笑い合っている時は幸せなのに、なんだか苦しい・・・”


そう思ってしまいます。



そして、一花は過呼吸になってしまうのでした。

束の間の一花5話ネタバレ・一緒にいれば幸せだから

翌日、母親と病院を訪れた一花は病院の先生から「入院する気はある?」と聞かれ、「ないです」と答えます。



一方、萬木先生は自分の診察のため病院に行き、過呼吸が起こる理由を主治医に尋ねます。



過呼吸がストレスや不安から起こると聞いた萬木先生は、一花に”その後、大丈夫ですか?”とメールします。



一花は萬木先生に心配をかけないように”ピンピンしてます!”と返信するのでした。




一花は先生に何度も自分の病気を打ち明けようかと悩みますが、いざ話そうとすると気持ちに歯止めがかかってしまいます。




一花は思い切って”先生、明日会えませんか?”とメールすると、先生からOKの返事をもらいます。



先生からOKの返事をもらえて嬉しくなる一花。




しかし、自分の体調を考えずに萬木先生に会おうとする一花に弟の大樹は怒ります。



そして、一花と大樹は口論になってしまいます。



大樹は「ゆるゆるといて苦しいなら会うのをやめれば?死んじゃうよ!?」と言います。



しかし、一花は「家にいたって死ぬよ。仕方ないじゃん。先生といたいんだから。」と言い返します。



興奮した一花はその場に倒れてしまうのでした。

一花は入院します。



一方、大樹は一花のケータイから”今晩萬木先生と会うつもりだった”ことを知ります。



そこで、大樹は萬木先生のところに行き、

一花は入院したこと


一花は病気で先がないこと



を伝え、



「一花はあんたのせいで苦しんでるから、もう会うな」と言うのでした。



>>束の間の一花の主題歌「ふたり」の作詞作曲者を紹介中

>>主題歌「ふたり」の収録アルバムはこちら

束の間の一花6話ネタバレ・最後のわがまま


大樹は一花に萬木先生に会ったことを伝えます。



一花は「大樹の言う通り、萬木先生のことは諦めた方がいいね。」と言います。


一花は萬木先生に夢中で病気から逃げていたと初めて悟ります。


この時、一花は”死ぬのが怖い”と初めて思ったのでした。



翌日、萬木先生から「弟さんから病気のこと、聞いた。入院してるって本当?」と連絡が来て、自分の病気のことがバレていることを知ります。



一花は大樹に「なんで萬木先生に病気のことを勝手に言ったの?迷惑かかるから言うつもりはなかったのに!」と怒り、2人は喧嘩してしまうのでした。


一花は大樹と喧嘩した後も先生からのメールに返信できずにいました。



すると、一花の母親・一枝かずえ(富田靖子)は一花と大樹が昔も水ようかんで大げんかをしていて、でもいつの間にか仲直りしていたことを話します。



そして、一枝は時間は有限なんだからさっさと大樹と仲直りするように伝えます。



一方、大樹も偶然、萬木先生と会います。



大樹は「先生と会うと一花は病気のことを忘れて、自分の寿命を削っているように見える」と言います。



そして、

「俺、姉ちゃんのためと思ってあんたに会うなって言った。


でも、それは姉ちゃんの幸せを奪ったのかもしれない。


・・・自分勝手だけど、また姉ちゃんに会ってやってくれませんか?」

と萬木先生に伝えます。




それから萬木先生が病院に行くと、ロビーにいた一花と偶然再会します。



一花は咄嗟に逃げ出します。




そんな一花を萬木先生は追いかけ、ついに2人は再会します。



一花は「自分ももうすぐいなくなるのに、先生といたくってワガママを言った。ごめんなさい。」と言います。



すると萬木先生は一花をそっと抱きしめ、「周りにも病気のことを隠して、俺よりもずっと前から抱えてきたんだね。よく頑張ったね。」と言ってくれます。



その言葉に一花は泣いてしまうのでした。




一花は病気になって初めて他人と分かり合えた気がして嬉しくなります。



一方、萬木先生も一花といると自分が病気であることを忘れてそうになっていることに気づくのでした。

束の間の一花7話ネタバレ・もう一度先生に

ここからは原作漫画を元に記載しています。


ドラマ放送後に更新させていただきます。


一花は退院し、約束していたカレーを作りに萬木先生の家に行きます。



そこで、一花は

  • 萬木家のカレーにはミニトマトが入っていたこと

  • 病気になってから萬木先生は育てていたミニトマトをお隣さんにあげてしまったこと

を知ります。



一花はお隣さんのところに行って、ミニトマトを分けてもらいます。



そして、萬木先生は一花の作ったカレーを食べて、子供の頃に食べたカレーを思い出すのでした。



萬木先生は


”一花といると、離れていったものが簡単に戻ってくる。


彼女といると、世界があたたかい”



と感じるのでした。

束の間の一花・最後の講義編のネタバレ

萬木先生が一花の残していったカレーを食べていると、急に苦しくなり血を吐いてしまいます。



自分の死期を悟った萬木先生は一花に電話をし、「これで最期だ。」と伝えます。



このまま別れるなんて嫌だと思った一花は、萬木先生の入院している病院を見つけ出します。



萬木先生は入院して2日後にようやく目を覚まします。




萬木先生は一花に先生から”明日、明後日にはどうなるかわからない”と言われたことを伝えます。



それでも一緒にいたいという一花に萬木先生は「俺だってずっと君といたかったさ。君の明るさに何度救われたか・・・」と本音を漏らします。



萬木先生の本音を知った一花は、


「未来はないけど今があります!


先生と一緒にいたいです。


先生が死ぬほど好きです!」


と伝えるのでした。





その日の夜、一花と萬木先生は病院を抜け出し、大学に行きます。



一花は萬木先生が”先生”という職業が大好きということを知っており、もう一度講義をしてほしいと願っていたのです。




一花と萬木先生は警備員に見つかってしまいますが、萬木先生の恩師が絶体絶命のピンチを助けてくれます。



こうして、萬木先生は一花の前で最後の講義をすることができます。



そして、萬木先生は一花に


「最後の最後にこんな風になるなんて少し前までは想像もつかなかったな。



俺たちの一生は束の間なんだ。


でも、君といると幸せなんだ。


俺は君のことが好きなようだ。」



と言ってくれます。



それから一花と萬木先生は夜の海にやってきます。



そこで、萬木先生は一花に「もし、俺がくたばっても・・・君は悲しまないで。いい日々だったなぁって笑ってて」と言い、そっとキスをするのでした。

束の間の一花・最終話のネタバレ

それから数日後、一花が萬木先生にメールをしても既読がつかなくなります。



病院に行くと一花は”詳細は伝えられないけど、萬木先生はもういない”と伝えられます。



そして、萬木先生はこの世からいなくなってしまったことを悟ります。



一花は、萬木先生が残りの人生の時間が少なかったのにも関わらず、一花のためにずっと先生でいてくれようとしていたことに改めて気づきます。



そして、一花は思いっきり泣き崩れるのでした。



それから一花は成人式を迎えます。



一花は先生がいないのに自分だけ大人になっても無意味だと思います。



しかし、一花は”萬木先生のくれた気持ち”だけは何か意味があるように思えるのでした。





さらに一年後、弟の大樹は高校の卒業式を迎えていました。



大樹は友達と


「もうこの学校ともさよならかぁ。」

「さよならだけが人生だ・・・」

と言って歩いていると、



通りがかった校長先生から「さよならだけが人生ならば 人生なんかいりません」という詩があることを教えられます。



それから友達と別れた大樹は一花の言葉を思い出します。



「大樹は優しい人になってね。


毎日元気でいてね。



最高のハッピーエンドは存在しないのかもしれないけど・・・


でも、ほんの少しでも、みんなが幸せでいてくれたらいいな」




大樹は家に帰り、校長先生の言った詩が寺山修司の「幸福が遠すぎたら」の一部だと知ります。




その詩には”人生はさよならだけではない”という思いが込められていました。




その詩はまるで一花と萬木先生の出会いが無意味ではなかったということを伝えているように、大樹は思うのでした。




束の間の一花を見れるのはHuluだけ

Hulu<フールー>

束の間の一花ドラマ結末はハッピーエンドか原作漫画を元に紹介!

「束の間の一花」では萬木昭史は亡くなります。



そして、原作漫画でははっきりと述べられているわけではありませんが、千田原一花も萬木先生の死後しばらく経って亡くなったと考えられます。



一花が亡くなってこの世にいないことは、大樹が一花の言葉を回想していたり、母親の一枝が一花の昔の写真を懐かしそうに眺めていたりしていることからも察することができます。




一見ドラマ結末はハッピーエンドとは言えませんよね・・・。



しかし、原作漫画の最後に登場する詩「幸福が遠すぎたら」を読むと、バッドエンドとも言えません。



そこで、ここからは原作漫画の最後に登場する詩とその意味をご紹介します。

原作漫画に登場する詩とその意味を紹介

原作漫画の最後に登場する詩「さよならだけが人生ならば 人生なんかいりません」は、寺山修司さんの書いた詩「幸福が遠すぎたら」の一部です。

さよならだけが 人生ならば


また来る春は 何だろう



はるかなはるかな 地の果てに



咲いている 野の百合 何だろう





さよならだけが 人生ならば



めぐり会う日は 何だろう



やさしいやさしい 夕焼と



ふたりの愛は 何だろう




さよならだけが 人生ならば



建てた我が家 なんだろう



さみしいさみしい 平原に



ともす灯りは 何だろう




さよならだけが 人生ならば



人生なんか いりません 

引用元:寺山修司の軌跡




この詩には


「人生は”さよなら”だけではない。


別れを悲しく感じるのは楽しかった日々が多いから。


人生は”さよならだけ”と思わずに、たくさんの想い出を携えた人生にしてほしい。」



という意味が込められていると言われています。



確かに一花と萬木先生が一緒にいれた時間は短いかもしれません。


しかし、2人が”ずっと一緒にいたい・生きたい”と思えたのは、短い時間に楽しい思い出が詰まっていたからです。



一花と萬木先生は出会わなければ、別れる時に辛い思いをしなくて済んだのかもしれません。



しかし、一花と萬木先生は出会ったことでお互いの人生に活力を与えたのも事実です。



そう考えると、一花と萬木先生の出会いにはきちんと意味があったのだと言えますね。






「束の間の一花」の原作漫画は1巻から3巻まで発売されていて、完結しています。


ころすけの拙いネタバレより実際の漫画の方が2人の心情がグッと伝わります。



現在ebook japanでは初回特典として6回まで使える70%OFFのクーポンをもらえるキャンペーン中です。
※1購入につき最大500円分


今だけ限定の70%OFFクーポンを利用すると、通常1巻693円かかるところ今なら70%OFFの208円。


通常3巻全て買うと2,079円かかるところ、今ならたったの624円で読めちゃうんです。



ちなみに、ちょっと前までは50%OFFクーポンしかもらえませんでした。


またいつこのお得なキャンペーンが終了してしまうか分かりません。


ぜひこのチャンスに原作漫画も読んでみてくださいね・:*+.\(( °ω° ))/.:+



全巻624円で読めるのは今だけ!

束の間の一花原作ネタバレ最終回まで。ドラマ結末はハッピーエンド?2


一花と萬木先生の結末はハッピーエンド?バッドエンド?

一花と萬木先生はともに亡くなります。


一見ハッピーエンドとは言えません。



しかし、2人は短い間でしたが、幸せな時間を過ごすことができました。



幸せな時間を過ごした分、一花も萬木先生との”さよなら”に悲しみましたが、一花が別れを悲しく感じるのはそれだけ萬木先生と過ごした時間が楽しくて幸せだった証拠です。



人はいづれ死ぬし、世の中で2人の出会いや死は束の間の出来事に過ぎないのかもしれません。



それでも一花と萬木先生が出会い、両思いになって、短くても幸せな時間を過ごせたことは意味があるし、2人にとってはハッピーなことと言えますね!

ころすけは原作漫画を読んでいるので、ドラマ「束の間の一花」も涙なしには見れないと思っています。



しかも、ドラマになると一花と萬木先生の思いがより伝わってくるのではないでしょうか?



今からドラマ1話から最終回までどんな展開になるのか楽しみです!





ドラマ「束の間の一花」Huluで配信中です。


今なら2週間無料トライアルを実施しているので、見逃した「束の間の一花」を1話からタダでイッキ見することもできますよ♪


ドラマ1話から見れていない方はぜひ1話から見てみてくださいね!

束の間の一花を見れるのはHuluだけ

Hulu<フールー>

束の間の一花ネタバレ最終回までのまとめ

この記事では「束の間の一花ネタバレ最終回まで。ドラマ結末はハッピーエンドか原作を元に紹介!」と題して、

  • ドラマ「束の間の一花」の原作をもとに1話から最終回までのネタバレ

  • ドラマ「束の間の一花」の結末はハッピーエンドなのか?

をお伝えしました。


「束の間の一花」は大学講師・萬木昭史ゆるぎ あきふみとその生徒・千田原一花せんだわら いちかの淡い恋物語です。



ハッピーなだけはでないこの恋物語を京本大我さん(SixTONES)藤原さくらさんがどのように演じるのか今から楽しみです!



ドラマが進むにつれ原作漫画と異なる部分も出てくると思いますので、随時更新させていただきます!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました